close

2021-06-28

【ソフトボール】「ワクワクする気持ちを心の片隅に持っていたい」東京五輪日本代表の原田のどか(2)

高い守備力とともに意外性のある打撃も期待される日本代表・原田(佐藤雄彦)

全ての画像を見る
五輪でのソフトボール競技は2008年の北京大会を最後に正式種目から除外されていたが、2020年東京五輪で追加種目としての採用が決まり、強化を進めてきた。ソフトボール・マガジンWEBでは、3大会ぶりとなる東京五輪で金メダル獲得を目指す15名の選手たちを、順々に紹介していく。

原田のどか(太陽誘電/外野手)
ワクワクを忘れずに(2)

外野から放たれる“レーザービーム”の送球は球界随一。課題だと話す打撃も、宇津木麗華ヘッドコーチからは「意外性があってチームに勢いを与えてくれる」と評価されている。攻守、そして明るいキャラクターで、原田のどかが日本を盛り上げる。(全文はソフトボール・マガジン7月号掲載)

代表メンバーをみんな尊敬している

──日本代表候補発表の会見で「試合以外でも勢いを見せたい」と話していましたが、代表ではムードメーカーの役割なんでしょうか。

原田 みんなを明るくするというよりも、自分が明るい雰囲気でいることを心掛けていますね。結果と関係なく継続できることですし、そうしていれば運も寄ってくるかな、と。何よりソフトボールが好きなので「次は何が起こるんだろう?」と自然とワクワクするんですけど、そういう感覚でいられるときは結果もいいときが多いです。

──時間の限られる代表では、選手同士のコミュニケーションを深めることは大変なのではないかと思います。

原田 確かに結束力は課題の一つだと思いますが、それぞれが自分の役割を全うする中で、自然と結束力が生まれるのが強さなのかなと感じています。何かを言うわけではなくても「この人がこうしているから自分も頑張ろう」と思えるというか。代表のメンバーは、上野(由岐子)さん、山田(恵里)さんはもちろんのこと、川畑(瞳)、後藤(希友)といった年下の選手たちも、周りの雑音に惑わされず自分自身と向き合ってやるべきことをやっているので、年齢関係なくみんなを尊敬しています。見習うべきところも多くて気が引き締まりますし、もっと自分もチームに貢献したいと思わせてくれる。すごくいい場所でソフトボールをやらせてもらえているなと、合宿に行ったときにはいつも思います。

──代表合宿で得られるものは多かったんですね。

原田 「今回は何を学べるんだろう?」といつもワクワクしていました。そういう過程を経て、今は「オリンピックの舞台で、これまで身に付けたものをどれだけ発揮できるだろう」ということに、意識が移り変わっているところかなと思います。

──原田選手にとって東京五輪はどのようなものですか。

原田 最初からあった目標ではなく、自分が行動し続けたところに舞い込んだ光。生き様と言うと大げさですけど、自分がこれまで野球、ソフトボールをこういうふうにやってきたんだということをその舞台で示したいですし、それをソフトボールや野球をやっている少年少女に見てもらいたいです。そして、金メダルの先にまでつながるようなものにしたいなと思います。将来、あの東京五輪があったからこそソフトボールが復活したと言ってもらいたいですし、コロナ禍で落ち込んでしまった人たちがソフトボールを見たことで明るくなってもらえたらうれしいです。

──高校2年生のときには『第3回IBAF女子ワールドカップ』で世界大会での優勝を経験していますね。

原田 当時はまだ子どもだったので金メダルの重みもあまり感じていなかったし、これで女子野球界を盛り上げようといった考えもなく、ただ夢中で「楽しかった! イエーイ!」みたいな感じでした。今は年齢も重ねたので同じ感覚にはならないでしょうけど、ワクワクする気持ちも大切だと思うので、片隅に持っていたいですね。

──東京五輪に向けて意気込みを。

原田 守備は期待されている以上のパフォーマンスを発揮したいですし、打撃は冷静に、でも誰よりも楽しむ気持ちで、思い切ったプレーをしたいと思います。ヒットになってもアウトになっても「原田めっちゃ勢い付けてくれたやん!」となれば一番いいですね。

 

【原田のどかPROFILE】
はらだ・のどか/ 1991年8月9日、岡山県生まれ。163cm57kg。右投右打。外野手。岡山南高-太陽誘電(2010年~)。小学3年生で野球を始め、08年に女子硬式野球ワールドカップで優勝。その後本格的にソフトボールに転向。太陽誘電では1年目から試合に出場し、高い守備力と走力で15年にTAP-B、17年にTOP代表に選出された。今季リーグ成績(5節終了時点): 11試合、39打席、6安打、0本塁打、0打点、0盗塁、打撃率.207

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事