close

2021-07-25

ソフトボール東京五輪 主将・山田のサヨナラ打で決勝進出決める

8回タイブレーク満塁で山田が中前打を放ち日本はサヨナラ勝利(©WBSC)

全ての画像を見る
7月25日 神奈川・横浜スタジアム
カナダ|00000000=0
日本 |00000001x=1
[カ]D.ローリー、S.グローネウェゲン、J.ケーラ、●D.ローリー―K.ラフター
[日]上野、○後藤―我妻


▲中2日で先発マウンドに立った上野。我妻とのコンビネーションも安定していた(©WBSC)

 日本が劇的サヨナラで4連勝をマークした。サラ・グローネウェゲン、ユージェナ・ケーラ、ダニエル・ローリーと3人の継投で挑んできたカナダからなかなか得点を奪えずにいたが、タイブレークにもつれ込んだ8回裏、犠打、2つの故意四球でつくった無死満塁のチャンスで主将の山田恵里が中前適時打。これで代走の三塁走者・川畑瞳が本塁にかえり、サヨナラ勝利を飾った。

 投げては、先発の上野由岐子が粘りのピッチングを見せ、6回までを4安打無失点。それまで2安打を許していたジェン・サリングに打順が回ってくるタイミングの7回から若き左腕・後藤希友にスイッチすると、その後藤が連続6三振の好リリーフで期待に応えた。

 アメリカと並び4連勝の日本は、この勝利で決勝進出、銀メダル以上を確定させた。明日10時からは、アメリカとの予選リーグ最終戦が行われる。


▲2番手としてマウンドに立ち6者連続三振と圧巻の投球をした後藤(©WBSC)


▲7回には一死満塁のピンチをしのいだカナダのダニエル・ローリー(写真中央、©WBSC)


【日本スターティングオーダー】
1(右)原田のどか
2(二)市口侑果
3(一)内藤実穂
4(三)山本 優
5(DP)藤田 倭
6(左)山崎早紀
7(中)山田恵里
8(捕)我妻悠香
9(遊)渥美万奈
FP(投)上野由岐子


【カナダスターティングオーダー】
1(右)Victoria HAYWARD/ビクトリア・ヘイワード
2(中)Larissa FRANKLIN/ラリッサ・フランクリン
3(二)Kelsey HARSHMAN/ケルシー・ハーシュマン
4(捕)Kaleigh RAFTER/ケイリー・ラフター
5(一)Jenn SALLING/ジェン・サリング
6(左)Erika POLIDORI/エリカ・ポリドリ
7(DP)Sara GROENEWEGEN/サラ・グローネウェゲン
8(三)Emma ENTZMINGER/エマ・エンツミンガー
9(遊)Janet LEUNG/ジャネット・ラング
FP(投)Danielle LAWRIE/ダニエル・ローリー

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事