close

2021-08-25

再検証 夏の甲子園 激闘の記憶 1973年 広島商業 精神野球の神髄(馬場遼/著)

2021年 9月 4日発売
BBM1010472
四六判並製・192頁
定価  1,760円(税込)
ISBN:978-4-583-11405-7 C0075

Contents
【再検証 夏の甲子園 激闘の記憶シリーズ】
高校野球の歴史を彩る、あの年のあの学校の戦いを、関係者への取材を通して改めて振り返る5巻シリーズ。1973年の広島商業、1976年の桜美林、1982年の池田、1982年の松山商業と熊本工業、1998年の横浜。それぞれの1年を、高校野球に精通したスポーツジャーナリストたちが描き切る。

1973年春に江川卓を攻略し、夏にはサヨナラスクイズで優勝を飾った名門・広島商業。一時代を築いたその戦いぶりは、今でいうスモール・ベースボールだった。金属バットによるパワーヒッティング全盛時代が訪れる、その直前の輝きと現在へとつながる伝統を、当時の監督、選手、また現監督の証言をもとに伝える。

【目次】
第一章 伝統と新チームの結成
第二章 怪物・江川卓を倒す
第三章 センバツ決勝で敗れて
第四章 夏、負けられない戦い
第五章 サヨナラスクイズで日本一
第六章 引き継がれる精神

【著者紹介】
馬場遼 (ばんば・りょう)
1994年1月26日生まれ。滋賀県大津市出身。京都府長岡京市在住。当時高校野球の監督をしていた父の影響で小学2年生から野球を始め、高校までプレー。ポジションは内野手。立命館大でスポーツ新聞部に所属し、記者活動を始める。大学卒業後は一般企業に就職するも1年足らずで退職し、フリーライターとなり、現在に至る。高校野球や陸上競技に精通し、雑誌やウェブ等の執筆で活躍中。

Amazonからのご購入

BOOK CARTからのご購入

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事