close

2021-09-24

ドラフト直前。「運命の一日」を待つ注目選手たち【BBMフォトギャラリー72】

2021年3月23日 第93回選抜高等学校野球大会 小園健太(和歌山・市和歌山)。今春のセンバツで聖地のマウンドに立った最速152キロ右腕。1回戦では県岐阜商を相手に1対0の完封勝利を収めた。

全ての画像を見る


2021年3月19日 第93回選抜高等学校野球大会 神戸国際大付vs北海=阪神甲子園球場 木村大成(北海道・北海)。今年は春夏連続で甲子園出場を果たした最速150キロ左腕。いずれも神戸国際大付と対戦し春はサヨナラ負け(写真)。夏も1点差で惜敗した。
2021年3月19日 第93回選抜高等学校野球大会 神戸国際大付vs北海=阪神甲子園球場 CANON EOS-1DX MarkⅡ 800mm F5.6 1/2500秒 ISO800
木村大成(北海道・北海)。今年は春夏連続で甲子園出場を果たした最速150キロ左腕。いずれも神戸国際大付と対戦し春はサヨナラ負け(写真)。夏も1点差で惜敗した。


2021年8月17日 第103回全国高校野球選手権大会 大阪桐蔭vs東海大菅生=阪神甲子園球場 松浦慶斗(大阪・大阪桐蔭)。186センチ94キロという堂々たる体格が魅力の最速150キロ左腕。今夏の甲子園初戦では東海大菅生を相手に7回を投げ7奪三振3失点、チームに勝利をもたらした。
2021年8月17日 第103回全国高校野球選手権大会 大阪桐蔭vs東海大菅生=阪神甲子園球場 CANON EOS-1DX MarkⅡ 840mm F5.6 1/1600秒 ISO3200
松浦慶斗(大阪・大阪桐蔭)。186センチ94キロという堂々たる体格が魅力の最速150キロ左腕。今夏の甲子園初戦では東海大菅生を相手に7回を投げ7奪三振3失点、チームに勝利をもたらした。


2021年8月17日 第103回全国高校野球選手権大会 大阪桐蔭vs東海大菅生=阪神甲子園球場 松浦慶斗(大阪・大阪桐蔭)。186センチ94キロという堂々たる体格が魅力の最速150キロ左腕。今夏の甲子園初戦では東海大菅生を相手に7回を投げ7奪三振3失点、チームに勝利をもたらした。
2021年8月25日 第103回全国高校野球選手権大会 日本航空vs智弁学園=阪神甲子園球場 CANON EOS-1DX MarkⅢ 400mm F4 1/2000秒 ISO400

2021年8月29日 第103回全国高校野球選手権大会 智弁学園vs智弁和歌山=阪神甲子園球場 前川右京(奈良・智弁学園)。今夏の甲子園でチームを準優勝に導いた頼れる主砲。鍛え上げた肉体から繰り出す鋭いスイングで快打を連発した。

2021年8月29日 第103回全国高校野球選手権大会 智弁学園vs智弁和歌山=阪神甲子園球場 CANON EOS-1DX MarkⅢ 400mm F4 1/2000秒 ISO800
前川右京(奈良・智弁学園)。今夏の甲子園でチームを準優勝に導いた頼れる主砲。鍛え上げた肉体から繰り出す鋭いスイングで快打を連発した。


2021年8月11日 第103回全国高校野球選手権大会 東北学院vs愛工大名電=阪神甲子園球場 田村俊介(愛知・愛工大名電)。最速145キロを誇るサウスポーは打撃も魅力十分。今夏の甲子園・東北学院戦でもホームランを放ってみせた。
【写真左】2021年8月11日 第103回全国高校野球選手権大会 東北学院vs愛工大名電=阪神甲子園球場 CANON EOS-1DX MarkⅢ 560mm F5.6 1/1250秒 ISO6400
【写真右】2021年8月11日 第103回全国高校野球選手権大会 東北学院vs愛工大名電=阪神甲子園球場 CANON EOS-1DX MarkⅢ 400mm F4 1/1250秒 ISO6400
田村俊介(愛知・愛工大名電)。最速145キロを誇るサウスポーは打撃も魅力十分。今夏の甲子園・東北学院戦でもホームランを放ってみせた。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事