close

2021-10-22

触って感じた金メダル獲得の偉大さ【BBMフォトギャラリー76】

2021年10月22日=東京・日体大 金メダルを手に℣サイン。2連覇を目指して。

全ての画像を見る
『近代柔道』の取材で阿部詩選手インタビューの撮影に伺いました。オリンピック前に何度か取材をさせてもらっていましたが、オリンピック後は初めて。そこで金メダルを間近で拝見しました。見るだけでも嬉しいのに、詩さんから「触ってみてください」と言っていただきました。

「選手が命懸けで獲得したメダルを簡単に触れられないです」私が言うと、「だからこそ触ってほしいんです。誰もが簡単に目にすることの出来ないものですから」と試合とは違う柔和な表情で言っていただきました。ありがとう詩さん!

恐る恐る触らせてもらうと、ピカピカの表面と、手に伝わるずっしりとした重さに感激。ぜひ次のパリオリンピックでの2連覇を目指してください。そしてまた触らせてください!

今回のフォトギャラリーは私がこれまで撮影させてもらった阿部詩選手の軌跡を振り返ります。(文・写真◎椛本結城)


2018年8月11日=三重県・サオリーナ 2018年のインターハイにて団体戦でも優勝  
  2018年8月11日=三重県・サオリーナ 2018年のインターハイにて団体戦でも優勝  Nikon D4s 24-70mm 1/500 F5.6 ISO 5000


018年9月21日=アゼルバイジャン・バクー 世界選手権バクー大会、52kg級にて優勝。
  2018年9月21日=アゼルバイジャン・バクー 世界選手権バクー大会、52kg級にて優勝。Nikon Ⅾ4s 70-200mm 1/1600  F4.5  ISO 4,000


2018年9月28日=アゼルバイジャン・バクー 大会後、兄の一二三選手とツーショット。
    2018年9月28日=アゼルバイジャン・バクー 大会後、兄の一二三選手とツーショット。 Nikon D4 s 24-70mm 1/250 F5  ISO 800


2018年12月19日=日体大 世界選手権で優勝した選手は赤ゼッケンを国際大会に出場する。(オリンピックチャンピオンはゴールドゼッケンをつけて出場する) 
2018年12月19日=日体大  世界選手権で優勝した選手は赤ゼッケンをつけて国際大会に出場する。(オリンピックチャンピオンはゴールドゼッケンをつけて出場する) Nikon D4 s 1/250 F4.5 ISO2000


2018年12月19日=日体大	世界選手権バクー大会と、グランドスラム大阪大会の金メダルを手に。   .
2018年12月19日=日体大 世界選手権バクー大会と、グランドスラム大阪大会の金メダルを手に。  Nikon D4 s 1/250 F10 ISO160


2019年8月26日=東京・日本武道館 2019年世界選手権東京大会で、オリンピックチャンピオンのケルメンデディを小内刈りで崩し寝技で仕留めた。 
2019年8月26日=東京・日本武道館  2019年世界選手権東京大会で、オリンピックチャンピオンのケルメンデディを小内刈りで崩し寝技で仕留めた。  NikonD4s 1/250 F4.5 ISO 5000


2020年12月18日=日体大 	翌年に延期になったオリンピック前のインタビューで。 
2020年12月18日=日体大 翌年に延期になったオリンピック前のインタビュー    Nikon D5 1/250 F4 ISO500

 
BBMフォトギャラリーは毎週金曜日更新予定です。
 




 

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事