close

2021-12-11

アントニオ猪木夫妻“新宿伊勢丹事件”の真相を告白…タイガー・ジェット・シンが語った“狂虎の深層”<3>【週刊プロレス】

アントニオ猪木vsタイガー・ジェット・シン

 リングサイドで観戦していたインド人が山本小鉄を襲撃、型破りのヒールとして日本マットにデビューしたタイガー・ジェット・シン。狂虎の名を全国にとどろかせたのが、ショッピング中のアントニオ猪木夫妻を襲った事件だった。日本プロレス史に残る出来事だけあって、その裏側はこれまで数多く報じられてきたが、本人の口から語られることはなかった。それこそが昭和のプロレスラーでもある。だが今回は、その禁を破った。当事者が語った“新宿伊勢丹事件”……。
     
――TVがついたとはいえ旗揚げ以来、経営的に苦しんでいました。あなたの参戦によって目玉カードができて業績が大きくアップ。あなたは救世主的な存在だったと思います。当時、心掛けていたことはなんですか?

シン ビジネスで大切なのは信頼関係だ。相手がリスペクトしてくれたなら、それ以上のリスペクトを返す。イノキは私が何をしたいかを理解してくれた。サーベル、イス、テーブル……そこにあるものは何でも使って襲いかかった。もちろん手加減なんてしなかった。それがタイガー・ジェット・シンのイメージを作り上げた。それによって日本人は私を恐れた。本気で殴りかかてくるファンもいた。もちろん殴り返してやったけどな。

――ヒールに徹したことで危険な目に遭ったとも聞いてます。

シン イエス。ある時、日本のマフィアが私に拳銃を突きつけたことがあった。だけど私は恐れなかった。「私はタイガー・ジェット・シンだ。拳銃など怖くない」と言ったら、それから彼らは私のことをリスペクトしてくれるようになった。

――あなたを恐れるようになった大きな要因として、“新宿伊勢丹事件”が挙げられます。

シン それは私の人生においても忘れられないことだ。シンジュクのショッピングセンター(伊勢丹)の前には多くの人がいた。その中にいたイノキのワイフ(倍賞美津子)が私の姿を見つけた。ほかの日本人が私を見るのとは違った視線を感じてのでそっちを見た。その時点では猪木のワイフということは知らなかった。しかし、私に向かって何か言っていたから向かっていったんだ。そしたらイノキが現れた。場所がどこであろうと、イノキがいれば闘うのが当然だ。「リングで大暴れしているあのタイガー・ジェット・シンが尻尾を巻いて逃げた」なんて言われると、大きなイメージダウンになるからな。

――いきなり街中で猪木vsシンが始まったわけですから大騒動になるのは避けられません。

シン 大勢の人が集まって来たし、その騒ぎを見ようとタクシーも停まって交通がマヒした。叫んでる者もいたな。警官が駆けつけてきたので、私はタクシーに飛び乗った。そして「京王プラザ(当時、新日本の外国人選手の定宿だった)まで行ってくれ」と言った。だけどドライバーは恐怖で固まってきて、車を発信させなかった。

――狭い車内にいきなり興奮状態のあなたが乗り込んできたら、恐怖で身動き取れなくなって当然でしょう。

シン ラッキーだったのは、そのドライバーは怖がってたけどホテルまで行ってくれたこと。もしあそこで警官につかまっていたら、その後、日本での私の姿はなかった。

――現行犯で逮捕されていたら、その後は入国も許されなかったでしょう。

シン もう一つラッキーだったのは、京王プラザが一流のホテルだったこと。私がそこに泊まっているのを嗅ぎつけて警官がやってきたが、ホテルマンは彼らを部屋に通すことはしなかった。ホテルは宿泊客のプライバシーを守らなければならない。さらに警官の姿を見たマネジャーが「部屋から出るな」と伝えてきた。知らずに私がロビーに降りていったら、つかまっていたかもしれない。そしてイノキが事件として届けなかったこともまたラッキーだった。

――ただ、本来なら大きなイメージダウンになってもおかしくない事件です。

シン ショッピングセンター前での事件はビッグニュースとして伝えられたが、それによって私の名前は広まった。しかも、それほどの事件を起こしたことで、それまで活躍していたヒールの連中、つまりアブドーラ・ザ・ブッチャーやザ・シークのイメージを上回った。私は何をするかわからないクレイジーな男として、日本のファンに知れ渡った。

(つづく)

橋爪哲也

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事