close

2021-12-31

【富士山女子駅伝】名城大が4年連続の二冠達成、注目の不破聖衣来は5区区間新で10人抜き

2年連続フィニッシュテープを切った小林成美(名城大3年)

12月30日、富士山女子駅伝(2021全日本大学女子選抜駅伝競走)が静岡県・富士山本宮浅間大社鳥居前から富士総合運動公園陸上競技場まで7区間43.4kmで争われ、名城大が2時間22分24秒で4連覇を達成した。全日本大学女子駅伝で5連覇中の名城大は、4年連続の二冠達成となった。2区の髙松智美ムセンビ(4年)、5区の和田有菜(4年)は4年連続出走し、V4メンバーに。

1区・谷本七星(1年)と3区の井上葉南(4年)、4区の山本有真(3年)、7区の小林成美(3年)の4区間で区間賞を獲得し、1区の谷本がトップに立ってから一度も譲らなかった。とはいえ、3区までは2位の日体大が10秒差で迫る展開に。4区で山本が51秒差に広げる力走を見せ、5区のキャプテン和田へ。

最長10.5kmのエース区間5区では、和田から2分22秒差の12位で不破聖衣来(拓大1年)、2分24秒差の13位で鈴木優花(大東大4年)が走り始めた。不破は並走していた鈴木を突き放し、10人抜きで2位に浮上。和田の背中こそとらえられなかったものの、32分23秒という驚異の走りで、大東大の関谷夏希が2017年に樹立した区間記録を1分55秒も上回り区間賞を獲得。区間2位は鈴木でやはり10人抜きの33分07秒、区間3位は和田で33分32秒と、いずれも区間新。名城大は拓大に1分13秒まで詰められたが、6区の増渕祐香が1分59秒差に広げると、2年連続7区の小林が2時間22分24秒でフィニッシュした。

7区で山賀瑞穂(3年)が順位を一つ上げた大東大が4年連続で準優勝。3位は日体大、4位は6区で飛田凜香(3年)が区間賞の立命大、5位は松山大、拓大は6位に入った。


区間賞表彰。左から4区の山本、5区の不破、6区の飛田

富士山女子駅伝トップ8
優勝 名城大 2時間22分24秒
2位 大東大 2時間25分22秒
3位 日体大 2時間25分59秒
4位 立命大   2時間26分19秒
5位 松山大   2時間26分24秒
6位 拓殖大   2時間26分33秒
7位 城西大   2時間28分09秒
8位 全日本大学選抜 2時間28分15秒

区間賞
1区 谷本七星(名城大1年)12分49秒
2区 北川星瑠(大阪芸大2年)21分21秒
   金澤佳子(東北福祉大3年)21分21秒
3区 井上葉南(名城大4年)10分20秒
4区 山本有真(名城大3年)14分26秒
5区 不破聖衣来(拓大1年)32分23秒 区間新
6区 飛田凜香(立命大3年)19分31秒 区間タイ
7区 小林成美(名城大3年)29分55秒


4年連続の二冠を祝う名城大メンバー


解説を務めた高橋尚子さん(左)と不破。拓大の五十嵐利治監督は佐倉アスリートクラブで小出義雄氏からもらったアドバイスを大切に指導に当たっているという

高橋さんからアドバイスをもらう不破

写真/椛本結城

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事