close

2022-01-21

【アメフト】来季はTOP8、BIG8はそれぞれ10校に 対戦方式は「今後検討」 関東学連

関東1部BIG8の2021年シーズン最終戦で対戦した慶大と横国大。両校がそろって昇格し、TOP8は10校になった=撮影:小座野容斉

全ての画像を見る
関東学生アメリカンフットボール連盟(KCFA)は1月19日、2022年シーズンに向けた各リーグの所属大学を発表した。新型コロナウィルス感染症による特例措置として、今季は降格が無く昇格のみを認めたために、1部リーグTOP8とBIG8はそれぞれ10チームに増えた。

 来季、TOP8とBIG8は、仮に総当たりリーグ戦を行うと10チームでは9試合となる。過去2シーズンはコロナ対策で試合数が半減となっていたことも考慮すると、現実的ではない。KCFAは「2022年シーズンの大会方式について、それぞれ10チームに増える1部リーグTOP8とBIG8は、現在検討しているところです」としている。

 また再来年2023年以降のTOPとBIGのチーム数を元の8チームに戻すのか、それとも10チームで運営するのは発表されなかった。

 2、3部リーグはそれぞれブロックに分かれての総当たりによるリーグ戦を行う予定。エリア、医科歯科、7人制の各リーグは、参加チーム数を確認しながら、大会方式を探る。2021年に救済目的で行ったオープンリーグは、実施の可否を含めて検討していく。

【2022年度リーグ編成】
▽1部リーグTOP8 (1)法政大学(2)早稲田大学(3)中央大学(4)明治大学(5)桜美林大学(6)立教大学(7)日本大学(8)東京大学(9)慶應義塾大学(10)横浜国立大学

▽同BIG8 (1)明治学院大学(2)国士舘大学(3)青山学院大学(4)駒澤大学(5)日本体育大学(6)神奈川大学(7)専修大学(8)東海大学(9)上智大学(10)筑波大学

▽2部Aブロック (1)成蹊大学(2)拓殖大学(3)東京学芸大学(4)成城大学(5)東京農業大学(6)防衛大学校(7)電気通信大学(8)芝浦工業大学

▽同Bブロック (1)一橋大学(2)帝京大学(3)東京工業大学(4)学習院大学(5)東洋大学(6)関東学院大学(7)千葉大学(8)東京外国語大学

▽3部Aブロック (1)東京経済大学(2)玉川大学(3)東京都市大学(4)工学院大学(5)高崎経済大学

▽同Bブロック (1)東京農工大学(2)国際基督教大学(3)流通経済大学(4)高千穂大学(5)千葉商科大学

▽同Cブロック (1)獨協大学(2)大東文化大学(3)東京都立大学(4)東京理科大学(5)横浜市立大学(6)東京国際大学

▽同Dブロック (1)埼玉大学(2)武蔵大学(3)創価大学(4)亜細亜大学(5)新潟大学

【小座野容斉】

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事