close

2022-01-17

【NFL】バッカニアーズ、チーフスは順当勝ち、49ERSはカウボーイズ降す ワイルドカード

【チーフス vs スティーラーズ】チーフスの控えOLニック・アレゲッティがTEとしてセットしTDパスをキャッチして大喜び=photo by Getty Images

全ての画像を見る
米プロフットボール・NFLは現地1月16日(日本時間1月17日)、ワイルドカードプレーオフ3試合を行った。NFCのバッカニアーズ(第2シード)とイーグルス(第7シード)は、バッカニアーズが快勝。カウボーイズ(第3シード)と49ERS(第6シード)は49ERSが逃げ切った。サンデーナイトゲームとなったAFCのチーフス(第2シード)対スティーラーズ(第7シード)はチーフスが大勝した。
【NFLプレーオフ】日本語解説で、スマホやPCで見られます 
 この結果1月22・23日のディビジョナルラウンド対戦組み合わせが決まった。

■AFC
ベンガルズ@タイタンズ
ビルズ@チーフス

■NFC
49ERS@パッカーズ
[ラムズ対カーディナルスの勝者]@バッカニアーズ

バッカス守備陣がイーグルスのラン封じる

NFCワイルドカードプレーオフ
タンパベイ・バッカニアーズ〇31-15●フィラデルフィア・イーグルス
(1月16日 タンパ  レイモンド・ジェームス スタジアム)

=photo by Getty Images

 地力で上回るバッカニアーズのプランしたゲームに、イーグルスが完全にはめられた。

 第1Qに2本のランタッチダウン(TD)、第2Qにもフィールドゴール(FG)でリードを17点に広げて折り返した。バッカニアーズはディフェンスも、イーグルスのオフェンスを前半ファーストダウン5回に抑え込んだ。NFL1位のイーグルスランオフェンスを前半わずか35ヤードに抑え込んだ。

 第3QにはQBトム・ブレイディが2TDでリードを31点に広げ、追いかけるイーグルスはQBジェイレン・ハーツの不安定なパスに頼らざるを得なかった。ハーツはこの試合2インターセプトを喫した。

 第4Qにイーグルスは2TDを返したが、勝敗には影響しなかった。

49ERS、前半の貯金で逃げ切る 

NFCワイルドカードプレーオフ
サンフランシスコ・49ERS〇23-17●ダラス・カウボーイズ 
(1月16日 アーリントン  AT&Tスタジアム)

=photo by Getty Images
 
 49ERSが、カウボーイズの反撃をかわして逃げ切った。

 49ERSは第1QにRBイライジャ・ミッチェルのTDランで先制。その後のオフェンスシリーズでは粛々とFGを積み重ねた。前半は1度もパントを蹴ることが無かった。この加点が後になったものを言った。

 第3QにはRBとして起用されたWRディーボ・サミュエルの26ヤードランTDで、49ERSに流れが大きく傾いた。しかし、第4Q残り10分を切ったところで、49ERSのQBジミー・ガロポロがインターセプトされた。カウボーイズはこのチャンスに、QBダック・プレスコットがスクランブルからのランTD。6点差とした。

 この後、試合残り時間32秒から最後の反撃を試みたカウボーイズ。残り14秒、タイムアウトなしの2ndダウンで、プレスコットがQBキープ。17ヤードをゲインしたが、セットするのに手間取って、スパイクした時には残りがゼロ秒になっていた。

ロスリスバーガー最後の試合、チーフスに力負け

AFCワイルドカードプレーオフ
カンザスシティ・チーフス〇42-21●ピッツバーグ・スティーラーズ
(1月16日 カンザスシティ  アローヘッド スタジアム)

【チーフス vs スティーラーズ】現役最後の試合は完敗。寂しくフィールドを去るスティーラーズQBロスリスバーガー=photo by Getty Images

 他力本願で、プレーオフの第7シードに文字通りクリンチしたスティーラーズ。しかし、AFC屈指の攻撃力を持つチーフスに完全に力負けした。

 スティーラーズは第2Q、OLBのT.J.ワットがファンブルリカバーTDを決めて先制したが、チーフスはQBパトリック・マホームズのパスですぐに同点とした。さらに2ミニッツを切ってから2本のTDパスをマホームズに決められた。サイドラインのクロックマネジメントのまずさが目立った。

 第3Qに冒頭のドライブでさらにマホームズがTDパスを決めたチーフスは、スティーラーズのオフェンスで、レギュラーシーズン中一度もファンブルが無かったルーキーRBナジー・ハリスをファンブルさせてボールを奪うと、マホームズがこの日5本目のTDパスを決めた。

 チーフスは第2クオーター終盤から、ゲームクロック上8分足らずで4TDを奪った。

 スティーラーズは、今季で引退のQBベン・ロスリスバーガーのパスに望みを託した。ロスリスバーガーは2TDを返したが、チーフスは、故意にショートパスを通させて、その後タックルしてインバウンズで潰すという頭脳的なディフェンスで時間を消費させ、ゲームを終わらせた。

【小座野容斉】

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事