close

2022-04-08

【しゅりんぷ池田のカード春秋】ダイヤの原石は輝けるか

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line
近年有望な若手選手が台頭

 毎年何かしらのテーマを設定して、各球団3名の選手を取り上げるカードセット「ICONS」。近年有望な若手選手が台頭していることから、今回のテーマは「ダイヤの原石」だそうです。

 収録メンバーには、実績十分な佐藤輝明や宮城大弥などもいるのですが、その中で最も“原石”感を感じさせるのが日本ハムの高卒4年目・万波中正です。

 コンゴ人の父と日本人の母を持ち、抜群の長打力と高い身体能力で早くから注目されていた同選手でしたが、2019年秋のドラフト4位での入団で、与えられた背番号は66という大きなもの(今回収録されている36選手の中では最大)。同年の2位で同じ高卒の野村佑希(本作にも収録)がいきなり24番をもらったのとは対照的でした。

 高卒3年目の昨年ようやくプロ初安打を放ち、49試合の出場ながら5本塁打を放って頭角を現したのですが、打率は2割を切る.198と打撃の確実性が課題でした。しかし、今季はオープン戦から打撃好調で、3割台半ばの打率でホームランを連発し、BIGBOSS(新庄剛志監督)を喜ばせています。

 日本ハムは昨年オフに長年外野のレギュラーを務めてきた西川遥輝、大田泰示との契約を更新せず、関係者やファンを驚かせましたが、今となっては万波をレギュラーで起用するための布石だったのか、とも思えてきます。

 万波が今季の日本ハムの外野の一角を担い、本塁打を量産して、BIGBOSSの背番号1を継承するようなスター選手へと駆け上がれるのか、注目のシーズンとなりそうです。
(週刊ベースボール2022年4月4日号 掲載記事再編)

BBMベースボールカードセット2022 ICONS -ROUGH DIAMOND- No.33 万波中正(F)
BBMベースボールカードセット2022 ICONS -ROUGH DIAMOND- No.33 万波中正(F)

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事