close

2022-03-23

【相撲編集部が選ぶ春場所11日目の一番】若隆景、全勝の髙安降し1敗で並ぶ

下から攻めた若隆景が全勝の髙安を寄り切った

全ての画像を見る
若隆景(寄り切り)髙安

春場所も残り5日となり、優勝争いは白熱。この日は全勝の髙安と1敗の若隆景の一番が組まれた。

過去の対戦は若隆景が5勝2敗とリード。髙安左、若隆景右のケンカ四つで、髙安が勝った相撲も、若隆景の左右のおっつけに苦しみながらの勝利だった。髙安にとっては、非常にやりにくい相手。逆に考えれば、この一番に勝てば初優勝が大きく近づくことになる。

立ち合い、両者とも頭から低く当たっていった。髙安は下から突き起こして左差しを狙うが、若隆景の上体は起きず、ワキも堅い。

若隆景は髙安の突きに下がらず右を差すと、左おっつけで相手の上体を起こし、左も入ってモロ差し。髙安は左右から抱え込んで守りの体勢に入り、長期戦に持ち込もうとするが、若隆景はカイナを返して、あおりながら一気に前に走った。

全勝の髙安に土をつけて、1敗でトップに並んだ若隆景は、「下からよく攻められた。一生懸命集中して、自分の相撲が取れた」と振り返る。「強い!」と唸るような相撲だった。

これで10勝目。関脇の二ケタ勝利は大関への足掛かりとなるが、初優勝の可能性も広がった。新関脇で優勝となれば、双葉山以来86年ぶりの快挙となる。
「まだ残りがあるので、集中してやっていきたい」と若隆景は淡々とこれまでと変わらぬ様子で会場をあとにした。一方の髙安はリモート取材に応じず、敗戦のショックがありあり。このままズルズルといかなければよいが。

この日の優勝に絡む力士の成績を整理すると、2敗の御嶽海は阿炎を降し、1敗の琴ノ若は3敗の貴景勝に敗れて後退。貴景勝はカド番を脱出した。

12日目は髙安が御嶽海、若隆景が琴ノ若と対戦する。どちらも2敗力士が勝つようなら、優勝争いはさらに混沌。3敗の貴景勝にもチャンスが出てくる。春場所は終盤戦に入って、目の離せない展開になってきた。

文=山口亜土

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事