close

2022-06-08

【ボクシング】「自分でもベストバウトと言える試合」──井上尚弥が一夜明け会見

大橋会長、真吾トレーナーと会見に臨んだ

全ての画像を見る
“宿敵”ノニト・ドネア(39歳=フィリピン)を圧巻の2回TKOで退け、WBC王座も吸収した世界バンタム級3団体(WBAスーパー・IBF・WBC)王者・井上尚弥(29歳=大橋)が8日、所属ジムで会見。前夜の試合、そして今後について大いに語った。

文_本間 暁 写真_山口裕朗

 わずか4分24秒の攻防の中に、井上尚弥の強さが濃縮された前夜の戦い。ドネアの凄さをすべて上書きしていく様は、いまだ底をまったく見せず、まだまだこの先が末恐ろしいとしか言いようのない、凄まじいエネルギーを爆発させたものだった。

 二手三手先の読み合い、手の出させ合い、そこからシビれる攻防が繰り広げられたが、井上が前回のようにまともに食ったパンチは皆無。傷ひとつない、爽やかないつもの姿がそこにあった。

「ようやく望んでいたような試合をできて、納得する勝ち方ができた。100点をつけれる内容」だったことも大きい。2度のダウンシーンがあまりに強烈だったが、そこに至るまでの過程に本人、父・真吾トレーナー、大橋秀行会長と全員が満足している。

「入りすぎず、行きすぎずをナオと確認し合って、(ドネアに)ダメージが深い中での勢いある攻撃だったから、安心して見られた」と真吾トレーナー。尚弥自身は「2ラウンドもカウンターに気をつけながら冷静に。すごく気をつけながらフィニッシュにもっていった」という。実質、初回に右で奪ったダウンのダメージがドネアのメカニズムを破壊していたが、「ドネアはどこかで自分の左ジャブに合わせてくると思っていた。最初のダウンは、左を打つと見せかけて引っ込めて打った右」と、ドネアの狙いを見透かした上の“見えない蜘蛛の糸”だった。

「不安を抱きながら見ていた」と前夜語っていた大橋会長も、「映像を見直してみたら、フェイントのかけ方など、尚弥の動きは素晴らしかった。本当に中身の濃い試合で、彼のベストバウトと言っていい最高の試合でした」と絶賛。尚弥自身も「会場に来ていただいた方、プライムビデオで観ていただいた方、みなさんの力をもらって自分でもベストバウトと言える試合をできました」と、納得の出来栄えを強調した。

「ここまで来たら、4本まとめたい」(尚弥)
「ここまで来たら、4本まとめたい」(尚弥)

 ダメージもなく、疲れもない。本人は言わなかったが、ひょっとしたら“動き足りない”くらいの気持ちもあったのかもしれない。
「もう、今日から練習を再開したいくらい」と言って笑いを誘ったが、それほどにモチベーションはさらに燃え盛っている。

「年内に4団体統一。それでなければスーパーバンタム級へ」。WBO王者ポール・バトラー(イギリス)なのか、あるいはスーパーバンタム級の統一王者両名(WBAスーパー&IBF王者ムロジョン・アフマダリエフ=ウズベキスタン、WBO&WBC王者スティーブン・フルトン=アメリカ)のいずれ、なのか。

 いよいよ世界のボクシング界の“真打ち”となってきたモンスターの動向に、全世界の熱視線が、さらに加速する状況だ。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事