close

2022-06-11

【ボクシング】井上尚弥がリング誌選定の全階級最強ランキング1位に!

ドネア戦の破壊的なTKO勝利が最強ボクサーの評価につながった(菅原淳)

全ての画像を見る
 WBAスーパー・WBC・IBF世界バンタム級チャンピオン、井上尚弥(大橋)が、リング誌のパウンドフォーパウンド(全階級最強)ランキングで1位に選ばれた。7日の王座統一戦で、難敵ノニト・ドネア(フィリピン)に圧倒的なTKO勝ちを収めたことが評価された。全米最大のスポーツネットワークのESPN.comではその直後に同ランキングが更新され、テレンス・クロフォード(アメリカ=WBO世界ウェルター級チャンピン)にわずかに後れを取って、2位となっていた。

日本ボクシング界最大の偉業

「歴史と権威あるアメリカ『リング誌』のPFP1位に選出されました。一つひとつ積み上げてきた事がこうして評価された事はボクサーとして光栄です。この栄誉に恥じない為にもまた一つモチベーションが上がった。次戦4団体統一に向けてまた頑張りますので期待していて下さい」

 井上がリング誌の決定を受けて寄せたコメントだ。大橋秀行会長も感激だった。

「自分が生きている間に日本人のオリンピック金メダリスト、世界ミドル級王者、そしてPFP1位を見られると思っていなかった。正直に驚いている。物事を諦めてはいけない。固定観念を決めず、常に高みを、大きく希望を持っていることが大事なのだと感じた。尚弥はすごい、本当にすごいと思う。PFP10位以内のボクサーをみたら、複数階級制覇、複数団体王座を保持してきたすごい選手ばかり。その中で堂々たる1位になったことが驚き。これからも精進し、厳しく激しい練習をともに積んでいいきたいと思う。自分も全力でサポートして続けていきたい」

 日本人ボクサーとして、もちろん史上初めて。とてつもない快挙である。アメリカのボクシング専門誌リング誌は、現在はオンラインでの情報発信に軸を置いているが、発刊からちょうど100年の歴史を持ち、最も権威のあるボクシングメディアの1つとされる。そのリング誌で最強の評価を受けた。

 決定は微妙な採決だった。クルーザー級出身ながら多彩な技巧とクレバーな試合運営でヘビー級3団体世界王座に君臨するオレクサンダー・ウシク(ウクライナ)を推す声も強く、9人の投票結果は5対4だったという。常に欧米に主役がいた長いプロボクシングの伝統を、日本のボクサーが切り崩すのはどれほど大変なことだったのかも、この数字からも読み解くことができる。
「勝てないと思って試合をしたことはない」と井上戦に意気燃えるWBO王者バトラー(Getty Images)
「勝てないと思って試合をしたことはない」と井上戦に意気燃えるWBO王者バトラー(Getty Images)

WBO王者もやる気。4団体統一戦に視界良好

 このランキングをより確かなものにするために、4団体世界王座統一が次の目標になる。井上自身が試合直後に語り、井上の絶対王朝に唯一異を唱えるWBOチャンピオンのポール・バトラー(イギリス)も対戦に前向きだ。バトラーはすでに日本側からオファーを受けているとした上で『日本開催』を希望したと明かしている。

 SNS上ではバトラーに対し、井上は「危険すぎる相手」と対戦を忌避するよう勧める声が渦巻いているが、本人は意に介さない。

「私はストップ負けを経験している。その恐怖は十分に理解している。だが、過去、自分の勝利を信じないでリングに上がったことは1度もない」

 4月にジョナス・スルタン(フィリピン)を破って暫定王者になり、その後に正規王者に昇格したバトラーはまだジムワークを開始していないが、すぐにジムに戻るという。

「試合への準備は12週間必要だ。10月なら戦うことが可能になる」

 ドネアとの決戦からまだ4日。次戦がこれだけ注目を集めるのも、井上尚弥だからこそか。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事