close

2022-07-31

「オリンピックに出てなくても自分、強くなれるんじゃね?」東京2020を怪我で断念した女子バスケットボール日本代表の渡嘉敷来夢~リポビタン for Sports presents「The Deep」~

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line

スポーツライターの金子達仁(左)がパーソナリティーを務める「The Deep」第33回放送のゲストは、女子バスケットボール日本代表の渡嘉敷来夢

全ての画像を見る
7月31日(日)20:00~、スポーツライターの金子達仁氏がパーソナリティーを務めるニッポン放送のリポビタン for Sports presents「The Deep」の第33回放送では、女子バスケットボールの日本代表としてリオ・オリンピックでベスト8に貢献した渡嘉敷来夢が登場した。

――去年の東京オリンピック、もちろん出るつもりでしたよね?

「リオ・オリンピックから4年間やってきたので、出たい気持ちが強かったですね」

――その夢を断つ原因となった怪我は、どういう状況で起こったんですか?

「2020年12月16日に皇后杯の1回戦で、相手がシュートを打ってきたタイミングで、ブロックのためにジャンプして、その着地で痛めました。そのときはまさかここまでの大怪我だと思わなかったです。すぐにテーピングを巻いてもう一回コートに立つつもりでした。でも、チームドクターが膝をチェックしてくれて、“試合に出すことはできない”と言われてしまいました。その瞬間の第一声が“マジか?”と言う感じで、オリンピックが頭を過ぎりました」

――でもその時点ではまだ希望もいくばくか、残ってますよね? 完全に消えたのは?

「リハビリをしていく過程で、あと2、3カ月後に“自分は試合ができないわ”と思ったのが5月末でした。国内の試合だったら、まだ頑張ればできるかもしれないけど、相手が世界レベルで自分よりも高くて強い選手とやるときに“無理しないほうがいいな”と。自分がもう引退する選手であれば、無理してでも頑張ったと思うんですが、“自分はそうじゃない。まだバスケがやりたい”という気持ちがあり、5月に残り3カ月の段階でオリンピックへの挑戦を断念しますとヘッドコーチに伝えました」

――簡単な決断じゃなかったでしょう?

「毎日泣きながら考えてました。悔しいですもん。そのためにやってきていたので」

――自分のいない東京オリンピックが始まりました。全試合を見ていたと聞きました。それは見たかったからですか? それとも見なければいけないと思ったから?

「どちらかと言うと、私の性格上見たくないんですよ。でも、ここで見なかったら、自分自身が強くなれない、成長できないという気がしたんですよね。怪我をしたのは、何かが変わるきっかけだと思ったので、みんなが頑張っている姿を見て、自分自身も世界の強豪選手に負けたくないのもあるけど、日本代表の仲間たちと別の角度で頑張らなきゃだし、その選手たちに負けたくない気持ちがあったと思います」

 ――ご覧になって何か変わりましたか?

「リーグ戦に向けていいモチベーションになりました。メダルを獲得したみんなとまた一緒にバスケをして、オリンピックがどんなところだったのか、どういう雰囲気だったのかという話もたくさん聞きたかった。それを吸収して自分のプラスになったら、“オリンピックに出てなくても自分、強くなれるんじゃね?”って感じでプラスに捉えられました」

――大会期間中に仲間たちと連絡をとったりしたのですか?

「毎日というわけではないんですけど、所々で連絡をとったり、チームメイトには連絡していました。メダルを獲ったときは、髙田真希キャプテンやヘッドコーチにおめでとうと連絡しました」

――銀メダルは予想通り? 予想以上?

「う~ん、正直、金メダルを目標にやっていたのはあります。でも、自分は銀メダルまで行くと思っていなかったというか、1試合1試合見ていたら、“あ、大丈夫かな? 勝った!”みたいな試合もあったので、ファンのような目線で見てました。やっている選手、見ている皆さんももちろん、ここまで来たら金メダルが良かったと思うんですけど、銀メダルでも本当に、本当に凄いことなので、シンプルに凄いなと思います」

スタジオで身振り手振りを交えて話す渡嘉敷来夢
スタジオで身振り手振りを交えて話す渡嘉敷来夢

――コンディションを整えるために、食事などで気をつけているのことは?

「私は身長が他の選手よりありますし、運動量も多く、汗っかきなので、運動後になるべく早く何かしら口にするようにしています。夏の食事は大変ですね。運動後はバテテしまうので、少しでも食べやすいものを意識しています」

 2年後のパリ五輪に向けて、アメリカプロリーグWNBAでの思い出など、渡嘉敷来夢の話をさらに詳しく聞きたい方、今回の放送を聞き逃した方は無料アプリ「radiko」でタイムフリー機能を使えば、放送1週間後まで聴取可能となる。

大正製薬
リポビタン for Sports ブランドサイト

ニッポン放送 
リポビタン for Sports presents 「The Deep」
毎週日曜20時~絶賛放送中。
radikoで放送1週間後まで聴取可能。
ポッドキャストではディレクターズカット版を配信中。
番組HP

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事