close

2022-08-02

武藤敬司が引退時期について「来年2月ぐらい」と明言! 馳浩石川県知事が引退ロード参戦へ【週刊プロレス】

武藤敬司と馳浩知事

全ての画像を見る
7月31日、NOAH金沢大会で馳浩石川県知事がリングに登場。武藤敬司への石川県観光大使委嘱状セレモニーをおこなった。

馳知事がリングで挨拶をした後、武藤が登場。石川県産米100kgを馳知事から進呈された。

その後、リング上で馳知事と会話する中で武藤は「来年の2月ぐらいをメドに引退します」とポロリ。これまで「来年の春までには引退します」と語っていたが、初めて時期を明かした。

さらに馳知事は「オレ、出なくていいの?」と武藤引退ロード参戦を提案。金沢大会に集まった1267人(満員)のファンの後押しもあり、武藤は「本当にオファーしますよ」と語っていた。

ちなみに、馳知事はその数分後に試合に巻き込まれ、ケンドー・カシン、谷口周平にチョップを放ったり、なぜかカシン&藤田和之と缶ビールで乾杯したりする場面もあり、いつでも闘う準備ができていることを証明。馳知事がどんな形で武藤の引退ロードに絡んでいくのか。

週プロは送料無料通販やっています!

週刊プロレスNo.2196 (2022年8月17日号/8月3日発売) | 週刊プロレス powered by BASE

今週号の表紙はスターダム大田区2連戦で開幕した「5★STAR GP」で前年度覇者&ワールド王者・朱里を撃破した林下詩美です。史上最大規模でおこなわれる今年のリーグ戦は開幕から熱戦連発。リーグ戦以外にも高橋奈七永&KAIRIが参戦して強烈なインパクトを残すなど内容盛りだくさん。スターダム関連では巻末言でもロッシー小川EPに5★STARの見所、上半期総括などを聞いています。新日本は「G1 CLIMAX」中盤4大会を全戦追跡。開幕2連敗であとがない内藤が待望の初白星、IWGP世界王者・ジェイと前年度覇者オカダはともに3戦全勝で無敗をキープ。ほかにも熱戦続きのリーグ戦を詳報。ドラゴンゲートは毎夏恒例の神戸ワールド記念ホールでビッグマッチ2連戦。吉岡勇紀が初日にKAIからドリームゲート王座を奪取し、2日目には箕浦相手に初防衛。ドラゲー新時代を告げたほか、ウルティモ・ドラゴン校長35周年、武藤敬司サプライズ参戦、望月ジュニアのデビュー2カ月初戴冠など話題豊富な大会をリポート。全日本の「王道トーナメント」開幕直前ということで注目選手を紹介。野村直矢、綾部蓮の他団体から参戦の2人をクローズアップ。そのほか全日本・新木場、DDT大阪、大日本・新木場、ZERO1後楽園、2AW千葉、アイスリボン後楽園、東京女子・大手町、ディアナ後楽園、シードリング新木場など掲載。【注意】発送後の返品・返金は原則不可とさせていただきます。送料は無料ですが、第三種郵便での発送となります。通常2~4日でのお届けとなります。また、事前に購入されても発売日にお届けすることは、お約束できません。ご了承ください。

shupuro.base.shop
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事