close

2022-11-14

【ソフトボール】ビックカメラ高崎が初代チャンピオンに…JDリーグダイヤモンドシリーズプレイバック 

JDリーグ初代チャンピオンに輝き、ファンからの祝福に笑顔で応えるビックカメラ高崎ナイン(撮影/BBM)

全ての画像を見る
11月13日(日)、千葉県千葉市のZOZOマリンスタジアムにてJDリーグ ダイヤモンドシリーズのファイナルが行われ、ビックカメラ高崎が豊田自動織機を2対1で下し、JDリーグの初代チャンピオンに輝いた。


ビックカメラ高崎 2-1 豊田自動織機

JDリーグ初代チャンピオンに輝き、ファンからの祝福に笑顔で応えるビックカメラ高崎ナイン(撮影/BBM)
▲JDリーグ初代チャンピオンに輝き、スタンドのファンに笑顔で応えるビックカメラ高崎ナイン(撮影/BBM)

豊田織機|0000001=1
ビック |010001X=2
[豊]●ダラス・エスコベド、江渡祐希-チェルシー・グッドエーカー、椛山奈々
[ビ]○濱村ゆかり-我妻悠香
▼本=チェルシー・グッドエーカー(豊)、工藤環奈、藤田倭(ビ)、二=内藤実穂 (ビ)

 ビックカメラ高崎が追いすがる豊田自動織機を2対1で振り切り、女子ソフトボールの新リーグ・JDリーグの初代王者に輝いた。

 試合は、濱村ゆかり(ビックカメラ高崎)、ダラス・エスコベド(豊田自動織機)のハイレベルな投手戦となった。両者ともに前日のセミファイナルに続く連投となったが、捕手のミットを目掛け一球一球丁寧に投げ込んでいく。

 試合が動いたのは2回。ビックカメラ高崎の五番・工藤環奈がエスコベドが投じた高めの球をとらえると、打球は中堅フェンスの向こうへ。三塁スタンドから大きな歓声が上がり、工藤は右の拳を突き上げてベースを回る。ビックカメラにうれしい先制点が入った。

 6回には、四番の藤田倭からもソロ本塁打が飛び出して2点をリード。勝負は決したかに見えた。しかし7回、豊田自動織機が粘りを見せる。この回の先頭打者で捕手のチェルシー・グッドエーカーが濱村から右翼へソロ本塁打。盛り上がる豊田自動織機ベンチ。ここで一気にたたみ掛けるべく代打攻勢で二死三塁のチャンスをつくるが、あと一本が出なかった。

 優勝したビックカメラ高崎・岩渕監督は、「(優勝できて)うれしいです。(日本リーグ時代は)三連覇してきてプレッシャーを感じながらもこうして結果を出すことができた。人数が少ない中で一人ひとりの役割を果たせたと思います」と、優勝の喜びを語った。

 一方、王者をあと一歩のところまで追い詰めた豊田自動織機・永吉慎一監督は、「最後の7回に粘りを見せることができて、あと1本というところまでこられた」と、頑張りを見せた選手たちを労った。


ビックカメラ高碕は2回、五番・工藤環奈のソロで先制に成功する(撮影/BBM)
▲ビックカメラ高碕は2回、五番・工藤環奈のソロで先制に成功する(撮影/BBM)

1対0で迎えた6回、ソロを放ち追加点を挙げたビックカメラ高崎・藤田倭(撮影/BBM)
▲1対0で迎えた6回、ソロを放ち追加点を挙げたビックカメラ高崎・藤田倭(撮影/BBM)

豊田自動織機は7回、チェルシー・グッドエーカーのソロ本塁打で1点差に迫る(撮影/BBM)
▲豊田自動織機は7回、チェルシー・グッドエーカーのソロ本塁打で1点差に迫る(撮影/BBM)

最後まで粘りを見せた豊田自動織機。7回、代打の福重さくらに全員で声援を送る(撮影/BBM)
▲最後まで粘りを見せた豊田自動織機。7回、代打の福重さくらに全員で声援を送る(撮影/BBM)

最後の打者を左飛に打ち取り、マウンドで歓喜の輪をつくったビックカメラ高崎(撮影/BBM)
▲最後の打者を左飛に打ち取り、マウンドで歓喜の輪をつくったビックカメラ高崎(撮影/BBM)

2連投でチームを初代チャンピオンへと導いた濱村ゆかり(左)と捕手の我妻悠香(撮影/BBM)
▲2連投でチームを初代チャンピオンへと導いた濱村ゆかり(左)と捕手の我妻悠香(撮影/BBM)

コンディション不良で今季は登板がなかった上野由岐子だが、後輩たちの頑張りを笑顔で称える(撮影/BBM)
▲コンディション不良で今季は登板がなかった上野由岐子。後輩たちの頑張りを笑顔で称える(撮影/BBM)

日本リーグ時代は昨年の三連覇を含む14度の優勝を誇るビックカメラ高崎が、初代チャンピオンに輝いた
▲日本リーグ時代は昨年の三連覇を含む14度の優勝を誇るビックカメラ高崎が、初代チャンピオンに輝いた

敗れはしたが、あと一歩のところまで相手を追い詰めた豊田自動織機ナイン。この経験が来季の糧となる(撮影/BBM)
▲準優勝の豊田自動織機。敗れはしたが、この経験すべてが来季の糧となる(撮影/BBM)

最優秀選手賞に輝いた濱村ゆかり(ビックカメラ高崎、中央)、優秀選手賞の工藤環奈(ビックカメラ高崎、左)、ダラス・エスコベド(豊田自動織機、右)
▲最優秀選手賞に輝いた濱村ゆかり(ビックカメラ高崎、中央)、優秀選手賞の工藤環奈(ビックカメラ高崎、左)、ダラス・エスコベド(豊田自動織機、右)


<豊田織機スターティングオーダー>
1(二)須藤志歩
2(中)中川彩音
3(左)金江爽友
4(一)田井亜加音
5(捕)チェルシー・グッドエーカー
6(遊)竹中真海
7(右)佐藤友香
8(DP)椛山奈々
9(三)大平あい
FP(投)ダラス・エスコベド

<ビックカメラ高崎スターティングオーダー>
1(二)市口侑果
2(左)松本怜奈
3(一)内藤実穂
4(DP)藤田倭
5(遊)工藤環奈
6(三)炭谷遥香
7(捕)我妻悠香
8(中)藤本麗
9(右)片岡美結
FP(投)濱村ゆかり

≪監督・選手コメント≫
ビックカメラ高崎・岩渕有美監督
「初代チャンピオンになれてすごくうれしいです。頑張ってきた成果が、最後こういう形で結果として残せたことは、みんなに感謝しています」

ビックカメラ高崎・内藤実穂主将
「(優勝できて)素直にうれしいという気持ちが強いです。今年は試合数が多かったり、ナイターのゲームがあったり、自分自身が苦しいときもあったけど、みんながしっかりついてきてくれましたし、みんなが自分を引っ張ってくれたときもあったので、このチームで優勝できて良かったです」

ビックカメラ高崎・工藤環奈
「今年は人数が少ない中で戦ったシーズンでしたけど、1試合1試合しっかり戦っていく中で最後に優勝で終われて良かったです。いい面も悪い面も出たシーズンだったので、来季に向けて頑張っていきたいです」

ビックカメラ高崎・濱村ゆかり

「一人ひとりが自分の役割に徹して最後優勝することができたので、すごく良かったです」

ビックカメラ高崎・我妻悠香
「初めて上野(由岐子)さんが登板しない決勝でしたけど、1年を通してしっかりバッテリーとして試合をつくってこられたと思いますし、濱村(ゆかり)はもちろんですけど、他のピッチャーもしっかり踏ん張って投げてくれて、チームとしての強さがでた優勝だったと思うので、本当にうれしく思います」

ビックカメラ高崎・上野由岐子
「昨年までの日本リーグを通して4連覇は難しいと言われている中で、今回こうして4連覇できたことは大きい優勝になったと思います」

ビックカメラ高崎・藤田倭
「オリンピックを経験したメンバーも多く、それぞれがいろいろな感情の中で新リーグを迎えましたが、一人ひとりが自分の感情に負けずに、チームのために、隣の人のために戦うということをすごく大事にして戦ったすごく濃い1年でした」

豊田自動織機・永吉慎一監督
「あと一歩というところで負けてしまったんですけど、1年を通して選手たちはよく頑張ってくれたと思います。最後の7回にすごい粘りを見せて、あと一本というところまできました。来年に向けてまた課題ができたので、チーム的には良かったと思います」

豊田自動織機・金江爽友主将
「長いシーズンで試合数も増えましたが、その中で自分たちの戦い方を探していき、ダイヤモンドシリーズもすごくいいモチベーションで臨めたのは良かったと思います。投手も打者もレベルの高いビックカメラさんというチームに対して、自分たちがどこまでやれるのかを試すいい機会になって良かったと思います」

豊田自動織機・ダラス・エスコベド
「いいとき、悪いとき、シーズンを通してありましたが、大事なときにいい試合ができて勝つことができて良かったです。最後の3週間くらいですごくいい形ができて、シーズンを力強く終えられたことはとても良かったと思います」

豊田自動織機・田井亜加音
「チーム力が私たちの強みなので、そこを7回の攻撃まで出せたことはこれからも大きな強みになると思います。守り勝つチームだからこそ、もっともっとできることがたくさんあると感じたので、来季に向けて勉強になった試合でした」

豊田自動織機・チェルシー・グッドエーカー
「長いシーズンになりましたが、選手一人ひとりが成長できたことが良かったですし、チームとしてもすごく成長していったと思います。それは決勝の今日まで続いて、成長してシーズンを終われたと思います」

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事