close

2023-01-23

東京ドームのスクリーンに破壊王…見せつけた闘魂三銃士の絆、武藤敬司&蝶野正洋が天コジ撃破【週刊プロレス昔話】

スクリーンには破壊王

2007年1月4日、新日本の東京ドームに武藤敬司が参戦し、蝶野正洋とタッグを結成して“天コジ”天山広吉&小島聡と対戦した。

同大会は新日本と全日本の創立35周年記念大会として開催。当時の状況から“イッテンヨン回避”の危機だった年だが、新日本に熱が戻りつつあった状況下で一転してドームも開催に。

武藤と蝶野は橋本真也の得意技だったケサ斬りチョップやDDTで闘魂三銃士との絆も示しながら天コジに勝利。

試合後には橋本さんのトレードマークだったハチマキを2人は巻き、「爆勝宣言」が流れるなかスクリーンに破壊王が映し出された。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事