close

2020-10-18

【全国中学生陸上】男子四種競技で中学新優勝の高橋大史が男子4×100mRも制して2冠達成

アンカーの高橋(中央)、奥は3走の酒井

今季は全日中の中止に伴い、ジュニアオリンピックを全国中学生大会として10月16~18日に日産スタジアム(横浜市)で開催されている。日本選手権リレー、全国高校大会2020リレーも同時開催。10月18日の3日目は、男子4×100mRで高橋大史が2冠を達成した。

前日に男子四種競技で3233点をマークし、中学記録を更新してタイトルを手にしていた高橋大史(上山南中3年・山形)。1走の山口耕平、2走の田澤蒼太、3走の酒井美鳳、アンカーの高橋とすべて3年生のメンバーで、アンカーの高橋がトップでバトンを受けると、そのまま力強く42秒71でフィニッシュ。中学歴代7位の好記録だった。2冠達成に「かなりうれしいです。気合を入れて3日間やってきました。プランどおり、目標どおり進んできました」と3日間の戦いを振り返った。高橋は全国中学生大会のMVPに選出された。女子のMVPは女子四種競技でやはり中学新記録で優勝の林美希(翔南中3年・愛知)。

写真/中野英聡 文/内田麻衣子

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事