週刊プロレスの内容、見どころを発売1日前に紹介します。

 今週号の表紙は1カ月以上のロングランリーグ戦を制し、「G1CLIMAX」初優勝を果たした飯伏幸太。6週連続大特集してきたG1もいよいよフィナーレ。ラストは日本武道館3連戦と浜松&横浜の5大会を追跡。優勝戦のほかオカダvs飯伏、内藤vsジェイの注目リーグ戦などを徹底リポート。巻頭カラーのほか巻頭言ではメイ社長による大会総括もあり、計40ページ超のボリュームで史上最大規模のG1を詳報します。

 中カラーではいよいよ開幕目前となったNOAHのシングルリーグ戦「N-1 VICTORY」展望特集。拳王インタビューのほか、ドラゴンゲートから参戦する注目の望月成晃直撃、注目リーグ戦紹介など、開幕前に必読です。

 全日本8・11後楽園大会は6月に交通事故のため、突然この世を去ってしまった青木篤志さんの追悼大会。全日本以外にもNOAH、大日本などから青木さんと縁の深い選手が集った大会は諏訪魔のマイクで感動のラスト。

 ドラゴンゲート8・7後楽園では新ドリームゲート王者のBen-Kに現ドラゴンゲートの象徴・YAMATOが挑戦表明。ウルティモ・ドラゴン校長のドラゲー東京初参戦もあり、盛りだくさんの内容となりました。

 そのほかDDT熊本&広島、スターダム後楽園、FREEDOMS新木場などリポート。今週はお盆の影響で土曜発売。(通常は水曜発売/一部地域は発売日は異なります)。

新日本8・12日本武道館~「G1 CLIMAX 29」優勝決定戦◎<Aブロック1位>飯伏幸太vsジェイ・ホワイト<Bブロック1位>「見果てぬ自由」

 自由という言葉の解釈は難しい。

 勝手気ままにふるまい、周囲のことなど考えずに行動することを“自由”ととらえる人もいるだろう。

 みずからの意思で行動を選択していく姿勢を指して、“自由”と思う人もいるだろう。

 それこそどのように解釈しようとも自由ではあるが、飯伏幸太の場合、かつての彼の勝手気ままな自由を謳歌していたように思う。(市川)

画像: 新日本8・12日本武道館~「G1 CLIMAX 29」優勝決定戦◎<Aブロック1位>飯伏幸太vsジェイ・ホワイト<Bブロック1位>「見果てぬ自由」

続きは8月17日(土)発売の週刊プロレス誌面にて。週プロmobile(月額324円)内のコーナー「週プロ早版」ではその他の掲載コンテンツも紹介しています↓↓↓

This article is a sponsored article by
''.