毎週水曜発売(一部地域はことなります)の週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の火曜に紹介します。

今週号の表紙は三冠王座V8の自己防衛記録タイに並んだ宮原健斗です。全日本・後楽園ではジェイク・リーとの大熱戦を制し、MVP確定宣言も飛び出し絶好調。三冠戦以外にも世界タッグなど、注目試合が多かった後楽園大会は巻頭カラーで詳報します。巻頭言でも宮原を取り上げています。

中カラーは11月初旬の3連休におこなわれる3団体による両国国技館3連戦をまとめて大特集。2日=NOAH、3日=DDT、4日=大日本。それぞれの注目カードに出場する選手インタビューをはじめ、3団体の各社長に意気込みも聞いています。

新日本は現在、「スーパージュニアタッグリーグ」がいよいよ佳境。所沢&後楽園の2大会をリポート。タッグリーグ公式戦だけでなく、ドームのIWGPヘビー、オカダ・カズチカvs飯伏幸太の前哨戦にも注目。2冠狙いを公言する飯伏に「最強」と称するIWGPヘビーへの思いを聞いています。また大阪ビッグマッチへ向けて内藤哲也vsタイチもヒートアップ。

ドラディション後楽園ではヒロ斉藤デビュー40周年記念試合が開催。藤波辰爾をはじめ武藤敬司、蝶野正洋ら大物が“職人”ヒロを祝福して大会はハッピーエンドに。

ほかにもアメリカのインパクトでおこなわれた丸藤vsエルガン、NOAH浜松、ドラゲー福井、DDT後楽園などリポート。水曜発売(一部地域は発売日は異なります)。

全日本10・24後楽園~三冠ヘビー級◎宮原健斗vsジェイク・リー「三冠蜃気楼」

宮原健斗が持つ三冠ベルトを、「近いけど、遠い」とジェイク・リーは挑戦を前に表現した。9月の「王道トーナメント」決勝では初めて宮原に勝利。もはや勝てないイメージはないが、三冠が懸かった一戦となるとまた違う強さを見せるのが最高男で、そのことをよく知っているからそう表現したのだ。

たとえば成長著しい野村直矢は、今年はここまで宮原に2度挑戦していて、どちらもあと一歩まで迫る好勝負を展開したが結局ベルトには届かなかった。ジェイクにも伝わるほどの勢いを味方につけた野村でも、届きそうで届かない。近づいたと思ったら遠ざかる逃げ水のような感覚を、宮原が巻く三冠ベルトに抱いた。

だが、三冠は蜃気楼ではなくちゃんと目の前にある。自分しだいで現実として手が届くのだ。ただし同じことをやっていても永遠に逃げていくだけ。だったら徹底的に対極を行ってやろう。宮原が太陽のように光り輝くなら、影を醸し出そうと決めた。光が強ければ、影もまた濃くなる。まったく色の違うわかりやすい2人の闘いで、これからの全日本を担っていこうと思った。(宮尾)

詳細は10月30日(水)発売の週プロ誌面にて。週プロmobile内「週プロ早版」ではその他の掲載コンテンツも紹介しています。

詳しくは以下のサイトを参照してください。

10月1日(火)より「週刊プロレスmobileプレミアム」が始動! 従来の「週刊プロレスmobile」に加え、毎週水曜午前0時に最新の「週刊プロレス」を電子版で読むことができます。

価格はなんと月額999円(税別)。「週刊プロレスmobileプレミアム」はクレジット決済になりますので、従来の携帯電話会社のキャリア決済では加入できなかった皆様も入会可能。スマートフォン、タブレットでいつでもどこでも「週刊プロレス」と「週刊プロレスmobile」を読むことができます。しかも、加入月は0円!(※「加入月0円」は初回のみ)。

登録方法は簡単3ステップ! 10月1日(火)午前9時より週刊プロレスmobile内に表示される「週刊プロレスmobileプレミアム」案内ページの「プレミアム版に登録」をタップし、①メアドとパスワードを登録、②クレジットカード情報を登録、③アンケートにご協力いただき…登録完了!

詳しくは以下のサイトを参照してください。

週刊プロレス 11月13日号
WEEKLY PRO-WRESTLING No.2037


This article is a sponsored article by
''.