※日本女子リーグ決勝トーナメントに出場する注目選手たち
写真◎上野弘明、黒田史夫、矢野寿明

 11月17(土)~18日(日)、明治神宮野球場にて『日本女子リーグ決勝トーナメント』が開催される。出場チームは、トヨタ自動車、ビックカメラ高崎、豊田自動織機、太陽誘電。全4チームの今季リーグ戦の戦いぶりを振り返りつつ、決勝トーナメントでの注目選手を紹介していこう。

リーグ1位:トヨタ自動車

 昨季は、リーグ2位で決勝トーナメント進出も準決勝で太陽誘電に敗れ、2009年から続けてきた総合2位以上の記録が途切れた。再出発となった今年は、前半戦を10勝1敗の1位で折り返すと、2位のビックカメラ高崎と1勝差の20勝2敗でリーグ優勝に輝いた。

 今季の成績を振り返ると、エースのモニカ・アボットが、リーグトップの防御率0.23、12勝をマーク。打線は四番の山崎早紀がリーグ最多打点(23打点)をたたき出し、打率の10傑には、塚本智名(.432/1位)、鈴木鮎美(.415/2位)、長﨑望未(.348/8位)が名を連ねる。充実の投打で2年ぶりVを狙う。

画像: 今季は世界選手権、アジア大会と日本代表でも活躍した長﨑望未。打率はリーグ8位をマーク 写真◎黒田史夫/ソフトボール・マガジン

今季は世界選手権、アジア大会と日本代表でも活躍した長﨑望未。打率はリーグ8位をマーク
写真◎黒田史夫/ソフトボール・マガジン

リーグ2位:ビックカメラ高崎

 昨季はリーグ優勝を果たすと、勢いそのままに決勝トーナメントも制して2年ぶり11度目の総合優勝に輝いた。今年は、トヨタ自動車に次ぐ19勝3敗のリーグ2位で決勝トーナメントへ。

 投手陣には日本代表の上野由岐子、濱村ゆかり、中野花菜、勝股美咲が名を連ねる。日本代表で四番を打つ山本優は最多本塁打(7本)を記録し、打率10傑にも山本(.377/5位)、市口侑果(.353/7位)、中西舞衣(.339/9位)がランクイン。盤石の体制で連覇に挑む。

画像: 防御率、勝利数ともにアボットに次ぐ2位の成績を残した上野由岐子(0.82、10勝) 写真◎矢野寿明

防御率、勝利数ともにアボットに次ぐ2位の成績を残した上野由岐子(0.82、10勝)
写真◎矢野寿明

リーグ3位:豊田自動織機

 一昨年、22年続いていた決勝トーナメント進出の歴史が途切れたが、昨季はリーグ4位で2年ぶりに決勝トーナメント進出。結果は総合4位に終わったものの、名門復活への新たな一歩を踏み出した。そして今年、13勝9敗の3位で決勝トーナメント行きを決めた。

 特に秀でた成績を残した選手はいなかったものの、投手ではアメリカ代表のケイラニ・リケッツ、野手では日本代表の洲鎌夏子を中心に、総合力で勝ち上がってきた。ミッシェル・スミス、髙山樹里という豪華投手陣を擁して戦った2007年以来の優勝を目指す!

画像: 日本代表の洲鎌夏子が攻守でチームをけん引する 写真◎矢野寿明

日本代表の洲鎌夏子が攻守でチームをけん引する
写真◎矢野寿明

リーグ4位:太陽誘電

 Bクラスが定位置だったが、2014年に7年ぶりに四強入りを果たすと、16年、17年は2年連続で総合2位と大躍進。しかし今年は、スタートダッシュに失敗。後半戦で追い上げを見せて4位に滑り込んだ(12勝10敗)。

 日本代表で二刀流の藤田倭(防御率2.12/5本塁打)&尾﨑望良(防御率1.14)が投打でチームを盛り立て、同じく日本代表の河野美里(打率3.88)、原田のどか(6本塁打)らも好成績を残した。一発勝負のトーナメント、4位からの下剋上ももちろんあり得る。

画像: 防御率2.12、本塁打数5本と投打で活躍を見せる二刀流・藤田倭 写真◎上野弘明

防御率2.12、本塁打数5本と投打で活躍を見せる二刀流・藤田倭
写真◎上野弘明

 果たして優勝に輝くのはどのチームか。日本女子ソフトボール界最高峰の戦いに注目だ!

画像: リーグ4位:太陽誘電

This article is a sponsored article by
''.