6月22日(土)、23日(日)、25日(火)と、宮城・シェルコムせんだい、東京・東京ドームにて開催される『日米対抗ソフトボール2019』。ソフトボール・マガジンWEBでは、そのカウントダウン企画として、代表メンバー20名をポジションごとに紹介してく(全4回)。

※今年で4回目を数える日米対抗。昨年は日本が3戦全勝という過去最高成績をマークした
写真◎川口洋邦(ソフトボール・マガジン編集部)

凡例:①生年月日(2019年度での満年齢)②投打 ③身長 ④出身地 ⑤経歴 ⑥主な日本代表歴(世:世界選手権、Jr:世界ジュニア)

投手

上野由岐子(うえの・ゆきこ) 
所属:ビックカメラ高崎 
(1)1982.7.22生(37歳)
(2)右投右打
(3)174cm
(4)福岡
(5)福岡大附若葉高(福岡)
(6)99Jr、02世、04オ、06世、08オ、12世、14世、18世
【寸評】
日本の絶対的エース。4月末に負った下顎骨骨折の状態が心配されるが、調整は間に合うか。

画像: 上野由岐子 写真◎日本ソフトボール協会提供

上野由岐子 写真◎日本ソフトボール協会提供

岡村奈々(おかむら・なな)
所属:日立 
(1)1994.12.30生(25歳)
(2)右投右打
(3)165cm
(4)福岡
(5)小倉商業高(福岡)-日本体育大(東京)
(6)10世、11Jr、13Jr
【寸評】
2017年に日本リーグで新人賞を獲得。運動能力が高く、フィールディングも難なくこなす。

画像: 岡村奈々 写真◎日本ソフトボール協会提供

岡村奈々 写真◎日本ソフトボール協会提供

尾崎望良(おざき・のぞみ) 
所属:太陽誘電
(1)1988.9.7生(31歳)
(2)左投左打
(3)170cm
(4)徳島
(5)池田辻高(徳島)-園田学園女子大(兵庫)
(6)-
【寸評】
日本代表歴は浅いが、国内での経験が豊富なベテラン左腕。多彩な変化球と左特有の軌道で勝負。

画像: 尾崎望良 写真◎日本ソフトボール協会提供

尾崎望良 写真◎日本ソフトボール協会提供

勝股美咲(かつまた・みさき) 
所属:ビックカメラ高崎
(1)1999.10.12生(20歳)
(2)右投右打
(3)171cm
(4)岐阜
(5)多治見西高(岐阜)
(6)18世
【寸評】
今年20歳を迎える大型右腕。5月のアジアカップではライズを武器に最優秀投手賞に輝いた。

画像: 勝股美咲 写真◎日本ソフトボール協会提供

勝股美咲 写真◎日本ソフトボール協会提供

濱村ゆかり(はまむら・ゆかり) 
所属:ビックカメラ高崎
(1)1995.6.23生(24歳)
(2)右投右打
(3)171cm
(4)千葉
(5)木更津総合高(千葉)
(6)16世、18世
【寸評】
ビックカメラ高崎では上野に次ぐ二番手として経験を積んできた。攻めの投球で魅せたい。

画像: 濱村ゆかり 写真◎日本ソフトボール協会提供

濱村ゆかり 写真◎日本ソフトボール協会提供

藤田 倭(ふじた・やまと)
所属:太陽誘電
(1)1990.12.18生(29歳)
(2)右投右打
(3)165cm
(4)長崎
(5)佐賀女子高(佐賀)
(6)12世、14世、16世、18世 
【寸評】
上野と二枚看板を形成する右腕。2016年には前人未到の投打三冠に輝くなど二刀流として活躍。

画像: 藤田倭 写真◎日本ソフトボール協会提供

藤田倭 写真◎日本ソフトボール協会提供

 日米対抗の大会概要、市口侑果選手、尾崎望良選手のインタビューを掲載しているソフトボール・マガジン7月号は、現在発売中です。


This article is a sponsored article by
''.