大事な試合に向けて打撃を強化したい。そう思っている人は多いだろう。そこで今回は、高校女子の強豪チーム・帝京安積高校の打撃ドリル8種目を紹介する。今回は、その7種目目『大股ティー』だ。なお、この記事はソフトボール・マガジン2017年3月号に掲載した『帝京安積高 目的別!基礎固めメニュー8』を一部修正のうえで再掲載している。

取材・構成◎高橋昌江
写真◎桜井ひとし

肩の開きを直す!
(7)大股ティー

 打者はスタンスを広くして、上体の突っ込みをなくすのが目的。「バットよりも顔が先に行く選手は、足を開くことで突っ込まなくなります」と二瓶美恵子コーチ。和田広監督は「母子球と内転筋の使い方が大事。大股ティーは次の止め打ちティーに生きてきます」と説明する。

画像: 写真1:スタンスを広く構える 写真◎桜井ひとし(ソフトボール・マガジン編集部)

写真1:スタンスを広く構える
写真◎桜井ひとし(ソフトボール・マガジン編集部)

画像: 写真2:突っ込まないようにスイングする 写真◎桜井ひとし(ソフトボール・マガジン編集部)

写真2:突っ込まないようにスイングする
写真◎桜井ひとし(ソフトボール・マガジン編集部)

帝京安積高校
福島県郡山市にある私立高校。女子ソフトボール部は県内屈指の強豪で、今夏のインターハイは県予選で敗れて出場を逃したものの、これまでに春夏合わせて31度の出場を誇る(2019年7月時点)。

 現在発売中のソフトボール・マガジン7月号、8月号では2号連続で打撃特集を組んでいます。初級・中級者向けの7月号『バッティングの教科書』、中級・上級者向けの8月号『バッティングの強化書』。ぜひ、2号あわせてお買い求めください。

This article is a sponsored article by
''.