20日、陸上男子100mで9秒97の日本記録を樹立したサニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大)が、今月27日により行われる日本選手権へ向けて成田空港に帰国した。
画像: 帰国し会見を行ったサニブラウン(写真/陸上競技マガジン)

帰国し会見を行ったサニブラウン(写真/陸上競技マガジン)

 日本記録を樹立した全米大学選手権に関しては「ハイレベルなのは分かっていた。結果には驚いているが、そのためにいろいろやってきた」と振り返った。
 また、日本選手権に向けては「日本で走るのは前回走った(17年の)日本選手権以来なので楽しみ」と語り、「今シーズンは世界選手権を目標にしてきた。残り1週間、しっかりとやることをやって臨み、100m、200mで優勝したい」と目標を掲げた。
 サニブラウンはドーハ世界選手権の参加標準記録を、すでに100m、200mとも突破しているため、日本選手権で優勝すれば世界選手権代表に即時内定となる。


This article is a sponsored article by
''.