大エース塩尻和也(現富士通)が卒業。柱が抜けた今季の順大を春からけん引してきたのが藤曲寛人(4年)だ。今年は走力を向上させ、出雲、全日本でも結果を残してきた。最後の箱根路では競り負けない強さを発揮し、エースとしての務めを果たすつもりだ。

写真上=順大の主将としてチームを引っ張る藤曲。出雲では2区8位、全日本では5区2位で区間新の走りを見せた
撮影=矢野寿明(陸上競技マガジン)

 2区を日本人最速で走った塩尻だけでなく、5区を3年連続区間5位以内で走っていた山田攻(現警視庁)が抜けた。主要区間での戦力が落ち、総合力で戦うことが求められるなか、藤曲は主将として、「チーム全体で力をつけていこう」とミーティングを繰り返し、常に周囲に気を配ってきた。

 そのなかで自分がエースになろうという覚悟も示している。今季は1500mからハーフマラソンまでの5種目で自己ベストを更新し、結果でもチームを引っ張ってきた。
「昨年までと比べ、練習での大きな変化はありません。変わったことといえば自分が他大学のエースと戦わなければいけないという意識になった点です。塩尻さんのいない危機感はありますし、自分がエースにならなければという思いで1年間やってきました」

 春、夏の長期の休みには来年に加入予定であるトヨタ自動車九州の合宿にも参加した。ここでの練習メニューが藤曲に合っていたことに加え、主将の立場を離れ、自分だけの強化に専念できたことも好記録連発の要因となっている。

 駅伝での藤曲の強さはレースの流れを引き戻し、まとめられるところだ。今季の出雲2区では11位でタスキを受け、後方からのレースを強いられたが、悪い流れを断ち切り3つ順位を上げて見せた。全日本でも5区で5位から3位までチームを押し上げている。
「まずは絶対に失敗しない走りをすること。そのうえで勝負強さを身につけようと考えてきました。競り合いで負けない強さがあれば、箱根でも上位に食い込めるはずです」

 新春の大舞台ではエースとして2区を希望する。だが2区の候補には、前半からハイペースで飛ばせる橋本龍一(4年)もいる。橋本が勢いをつけ、藤曲がその流れを引き継ぐか、それとも藤曲がつくった流れを橋本が加速させるか。ここが順大の区間配置の一つのポイントとなるだろう。いずれにせよ主将の果たすべき役割は大きい。
 塩尻のような破壊力はないかもしれない。しかし冷静に状況を把握し、確実に流れをつくる力が藤曲にはある。長門俊介監督が掲げる目標は「5強崩し、最低でもシード権獲得」だ。主将として順大を目標達成へと導けるか。

ふじまがり・ひろと◎1997年5月26日生まれ、静岡県出身。小山中→加藤学園高(静岡)。170㎝、53.5㎏。自己ベスト10000m28分47秒00(大4)、ハーフマラソン1時間03分13秒(大3)。

文/加藤康博

画像: 全日本大学駅伝で5区を走る藤曲 撮影/中野英聡(陸上競技マガジン)

全日本大学駅伝で5区を走る藤曲
撮影/中野英聡(陸上競技マガジン)

おすすめ記事

陸上競技マガジン 2020年1月号

箱根駅伝2020完全ガイド
陸上競技マガジン1月号増刊


This article is a sponsored article by
''.