1月19日、アメリカ・ヒューストンで行われたヒューストンマラソン&ハーフマラソン女子の部で、日本の新谷仁美(積水化学)が1時間06分38秒の日本新記録で優勝を果たした。

写真上=ハーフマラソン日本記録を14年ぶりに更新した新谷(写真は昨年のドーハアジア選手権)
撮影/Getty Images

 従来の記録は、福士加代子(ワコール)が2006年に樹立した1時間07分26秒で、その記録を14年ぶりに48秒更新した。

 女子ハーフマラソンには、フルマラソンで2時間18分台の自己ベストを持つルティ・アガ(エチオピア)や、ハーフで1時間5分台の自己ベストを持つカロライナ・キプキルイ(ケニア)ほか、世界大会で実績のある選手も多く出場するなか、新谷は臆することなく自分のレースに徹し、序盤から攻め続けた。

 レース後、現地メディアからの質問を受けた31歳の新谷は「日本記録を出せてすごくうれしかったです。日本から一緒に来たペースメーカーだけでなく、海外の選手たちも協力して良いペースをつくってくれたので、すごい良い条件で走れました」と笑顔で振り返った。

 新谷は2012年ロンドン五輪10000m9位など、女子長距離界の第一人者として活躍していたが、ケガ等もあり14年に引退を表明。18年シーズンから再び競技に復帰を果たし、19年には6年ぶりの出場となったドーハ世界選手権10000mで11位に入った。すでに今年の東京五輪参加標準記録も突破しており、今後もワールドランキングでポイントを重ね、オリンピック出場を狙っていく。

 今週末の26日、大阪で行われる大阪国際女子マラソンでは、ペースメーカーを務める予定になっている。

●新谷仁美 ハーフ日本記録ラップ

   通過記録(ラップ)
5km  15.47
10km  31.11(15.24)
15km  47.03(15.52)
20km 1.03.13(16.10)
Finish 1.06.38(3.25)

おすすめ記事

陸上競技マガジン 2020年2月号


This article is a sponsored article by
''.