世界陸連は4月7日、新型コロナウイルスの世界的な流行を受けて、4月6日~11月30日までの8カ月間は、東京五輪参加標準記録および五輪出場資格に適用されるワールドランキングの対象外とすると発表した。

新東京国立競技場。東京オリンピックは2021年7月23日~8月8日に延期が決まっている(写真/Getty Images)

 記録としては公認される。世界で事態が正常化した場合、12月1日以降に再開され、マラソンと50km競歩の大会は2021年5月31日まで、ほかの種目は6月29日まで行われる。なお、すでに東京五輪出場資格を得ている選手の権利は維持する方針だ。

画像: 【陸上】4月6日~11月30日までの大会は東京五輪参加標準記録、ワールドランキングの対象外

東京五輪参加標準記録突破済選手

●男子100m/参加標準:10秒05
サニブラウン・A・ハキーム(フロリダ大)
小池 祐貴(住友電工)
桐生 祥秀(日本生命)
●男子200m/参加標準:20秒24
サニブラウン・A・ハキーム(フロリダ大)
小池 祐貴(住友電工)
●男子110mH/参加標準:13秒25
髙山 峻野(ゼンリン)
安部 孝駿(ヤマダ電機)
●男子走幅跳/参加標準:8m22
城山正太郎(ゼンリン)
橋岡 優輝(日大)
津波 響樹(大塚製薬)
●女子5000m/参加標準:15分10秒00
田中 希実(豊田自動織機TC)
廣中璃梨佳(日本郵政グループ)
新谷 仁美(積水化学)
●女子10000m/参加標準:31分25秒00
新谷 仁美(積水化学)
●女子やり投/参加標準:64m00
北口 榛花(JAL)

東京五輪代表内定済選手

●男子マラソン
中村 匠吾(富士通)
服部 勇馬(トヨタ自動車)
大迫  傑(Nike)
●女子マラソン
前田 穂南(天満屋)
鈴木亜由子(日本郵政グループ)
一山 麻緒(ワコール)
●男子20km競歩
山西 利和(愛知製鋼)
池田 向希(東洋大)
●男子50km競歩
川野 将虎(東洋大)
鈴木 雄介(富士通)
●女子20km競歩
岡田久美子(ビックカメラ)
藤井菜々子(エディオン)
※男子4×100mリレーは出場権獲得済

おすすめ記事

陸上競技マガジン 2020年4月号


This article is a sponsored article by
''.