close

2020-11-02

【新作情報 BBM Baseball cards Premium 2020「GENESIS/ジェネシス」】BBMカード30周年にGENESISが超絶進化。この衝撃を体感せよ!

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line


カード紹介


<レギュラーカード>レギュラーカード
今年のレギュラーはブラックの背景を採用し、霞がかったようなホワイト部分とのコントラストが高級感を演出しています。背景と飾り箔は直線的なラインを生かしつつ、背景ラインに一部、球団カラーを差し色に使い、アクセントを出しました。箔のエンボス加工は3パターンを組み合わせているのに気が付きましたか? 箔色違いのパラレル版は、背景色が強いので、負けないように濃いめの色を採用しました。各200枚限定の赤箔版、各100枚限定の緑箔版、各50枚限定のホロ箔版があります。特にホロ箔版は黒系色との相性がいいので、一見の価値ありですよ!


No.003 山川穂高(西)
No.003 山川穂高(西)

No.039 中田 翔(日)
No.039 中田 翔(日)

No.053 吉田正尚(オ)
No.053 吉田正尚(オ)

 No.059 坂本勇人(巨)
No.059 坂本勇人(巨)

<ハイグレードインサートカード>ELITE OF NINE
特殊プラスチック加工にホロ箔押しの名物インサート「ELITE OF NINE」もパワーアップしました。

これまでは12種共通の箔押し加工でしたが、今年は選手のプレー写真によって、それぞれの形が違う仕様になっているのです。これにより、より細やかなホロ箔の表現ができるようになりました。イメージ画像では一見しただけでは伝わりにくいと思いますので、ぜひ実物で仕上がりを確認してみてください。

人選も例年は投手と野手がまざっていましたが、今年は主力野手だけで統一してみました。生まれ変わった「ELITE OF NINE」をご堪能あれ!

EN01 外崎修汰(西)
EN01 外崎修汰(西)

EN09 大山悠輔(神) ©️阪神タイガース
EN09 大山悠輔(神)
©️阪神タイガース

<ハイグレードインサートカード>GAME CHAGER
3年目の「GAME CHANGER」は、角度によって選手のプレー写真と背景柄が切り替わるチェンジング加工を採用しました。3Dのプレー写真がチェンジングする技術は、このカードならではでしょう。

背景も球団カラーを大胆に使ったことで、印象の違いが鮮明に際立ちます。12種すべて昨年とは違う選手で構成してみたので、お楽しみに!

GC03 涌井秀章(楽)GC03 涌井秀章(楽)
GC03 涌井秀章(楽)

<ハイグレードインサートカード>CROSS BLOSSOMS
2020年のBBMカードのキーデザインとして、様々なアイテムで横断的に採用されてきた夜桜と月のクロスブランドが、いよいよ「ジェネシス」に登場です。デザインはこれまでのパターンを踏襲していますが、その加工は他とは一線を画しています。

ホロ紙をベースに金箔が押され、さらに桜吹雪の部分には立体的なテクスチャー加工が施されているのです。注目度の高い若手選手やルーキーたちが収録されているので、要チェックですね。


CB07 戸郷翔征(巨)
CB07 戸郷翔征(巨)


CB10 森下暢仁(広)

<プレミアムインサートカード>メモラビリアカード(通常版)
メモラビリアカードの通常版は31種を制作。ホワイト系のベルベット素材をイメージさせるような柔らかいデザインで、背景にゴールド系の色を配することで、上品な風合いを表現しています。

ジャージーは各300枚、アンダーシャツは350枚、バットは200枚、バッティンググラブが各20枚となっています。今季限りでの引退を表明した藤川球児、五十嵐亮太のジャージーは貴重なコレクションになりそうです。

周東佑京(ソ)ホームジャージー
周東佑京(ソ)ホームジャージー

種市篤暉(ロ)ホームジャージー
種市篤暉(ロ)ホームジャージー

<プレミアムインサートカード>ビッグパッチカード
ビッグパッチカードはジャージーが各30枚限定。西川龍馬の70周年パッチを使用した部分は「赤ヘル」の部分を丸ごとビッグパッチにしているのですが、写真とパッチのヘルメットの向きや角度がほとんど一致しているという奇跡の1枚になりました。今季ここまで10完投、6完封と無双を続ける大野雄大はアンダーシャツの「22」のネーム部分を1枚限定で制作。今季の大活躍を考えると、こちらも超お宝カードになりそうですね。

西川龍馬(広)ホームジャージー
西川龍馬(広)ホームジャージー

大野雄大(中)アンダーシャツ
大野雄大(中)アンダーシャツ

五十嵐亮太(ヤ)ホームジャージー
五十嵐亮太(ヤ)ホームジャージー

<プレミアムインサートカード>スーパーパッチカード
スーパーパッチカードは48種をラインアップ。佐々木朗希、奥川恭伸の初スーパーパッチはもちろん大注目ですが、DeNAの新主将にして四番・佐野恵太にもご注目。胸に輝くキャプテンマークの「C」部分もスーパーパッチに使用しています。

他にも山本由伸、柳田悠岐のキャップロゴなど、カードファンにとっては夢のようなカードの数々が制作されています。今回はその一部を大公開しますので、とくとご覧ください!


柳田悠岐(ソ)キャップ
柳田悠岐(ソ)キャップ

鈴木大地(楽)ホームジャージー
鈴木大地(楽)ホームジャージー

鳥谷 敬(ロ)ホームジャージー
鳥谷 敬(ロ)ホームジャージー

大田泰示(日)ビジタージャージー
大田泰示(日)ビジタージャージー

山本由伸(オ)キャップ
山本由伸(オ)キャップ

佐野恵太(De)ホームジャージー
佐野恵太(De)ホームジャージー

近本光司(神)ホームジャージー ©️阪神タイガース
近本光司(神)ホームジャージー
©️阪神タイガース

長野久義(広)ホームジャージー
長野久義(広)ホームジャージー

根尾 昂(中)バッティンググラブ
根尾 昂(中)バッティンググラブ

村上宗隆(ヤ)ホームジャージー
村上宗隆(ヤ)ホームジャージー


<プレミアムインサートカード>グリップエンドカード
グリップエンドは岡本和真、吉川尚輝、炭谷銀仁朗と巨人の3選手で制作。グリップに刻印された文字のフォントなども選手それぞれで面白く、ドーム状にカードから盛り上がったフォルムもまさにこのカードならではの魅力ですね。

岡本和真(巨)バット
岡本和真(巨)バット

 吉川尚輝(巨)バット
吉川尚輝(巨)バット

<プレミアムインサートカード>コンボメモラビリアカード
コンボメモラ3種は各30枚の通常版と各15枚のパッチ版があります。山本由伸×種市篤暉は同級生右腕、涌井秀章×美馬学は楽天とロッテでの移籍右腕、藤川球児と山﨑康晃は平成と令和を代表するクローザーという組み合わせになっています。

涌井×美馬のコンボには、ともに「E」の部分を使った珍しい1枚がありますよ!


涌井秀章(楽)×美馬 学(ロ)パッチ版

<プレミアムインサートカード>トリプルメモラビリアカード
トリプルメモラは今季の開幕投手を務めた3投手をピックアップ。山岡泰輔と有原航平は自身2度目の大役でしたが、石川雅規は通算9度目、40代では史上5人目の栄誉でした。通常版は各20枚、パッチ版は各10枚となっています。

有原航平(日)×山岡泰輔(オ)×石川雅規(ヤ)
有原航平(日)×山岡泰輔(オ)×石川雅規(ヤ)

<プレミアムインサートカード>カルテットメモラビリアカード
ジェネシスにもカルテットメモラが初登場です。柳田悠岐、浅村栄斗、鈴木誠也、山田哲人と日本を代表するスラッガー4名を集めました。日本代表でも主軸を期待される4名の豪華競演は、カードファンならずとも垂涎の1枚になりそうです。通常版は各10枚、パッチ版は各5枚とゲットの難易度も最高レベルとなっています。

柳田悠岐(ソ)×浅村栄斗(楽)×鈴木誠也(広)×山田哲人(ヤ)
柳田悠岐(ソ)×浅村栄斗(楽)×鈴木誠也(広)×山田哲人(ヤ)

<プレミアムインサートカード>30周年スーパーパッチカード
注目カードが目白押しのジェネシスにあって、今年最大の注目を集めているのが、BBMカード30周年を記念したスーパーパッチカードかもしれません。過去にメモラビリアカードで使用したジャージーが、スーパーパッチになってよみがえります。

中でも1998年、高橋由伸のルーキーイヤーに制作されたジャージーカードはカード史上に残る伝説の1枚。そのジャージーを使用したスーパーパッチカードが制作されたのですから、古くからのカードファンにとって、その衝撃たるや相当なものでしょう。

他にも、松坂大輔、川﨑宗則、立浪和義、田中将大とそうそうたる顔ぶれが並びます。まさに、どれをとっても超弩級の1枚になっています。


高橋由伸(巨)
高橋由伸(巨)

川﨑宗則(ダ)
川﨑宗則(ダ)

<プレミアムインサートカード>直筆ボールサインカード
今年のボールサインは佐々木朗希、奥川恭伸、石川昂弥、西純矢、森敬斗と注目ルーキーが5名ラインアップ。

楽天に移籍した涌井秀章も久しぶりのボールサイン登場となりました。ソフトバンクの韋駄天・周東佑京はこれが初のボールサインということで、こちらも注目ですね。全27種で合計470枚が封入されています。


森 友哉(西)
森 友哉(西)

佐々木朗希(ロ)
佐々木朗希(ロ)

清宮幸太郎(日)
清宮幸太郎(日)

西 純矢(神) ©️阪神タイガース
西 純矢(神)
©️阪神タイガース

石川昂弥(中)
石川昂弥(中)

<プレミアムインサートカード>クロス直筆サインカード
夜桜デザインが好評のクロスサインは全59種を制作しました。松坂大輔、内海哲也、和田毅、岸孝之、能見篤史、藤川球児、福留孝介、石川雅規など、チームを代表するベテランが多くラインアップされているのが、今年の特徴です。

数多くの直筆サインカードが制作されてきた面々ですが、今年のクロスサインはデザインが秀逸ですから、ぜひコレクションに加えておきたいところ。種類数や枚数などの詳細は、チェックリストでご確認ください!

和田 毅(ソ)
和田 毅(ソ)

井上晴哉(ロ)
井上晴哉(ロ)

宮﨑敏郎(De)
宮﨑敏郎(De)

能見篤史(神) ©️阪神タイガース
能見篤史(神)
©️阪神タイガース

<プレミアムインサートカード>コンボ直筆サインカード
コンボサインは3種を用意しました。松坂大輔×和田毅の同級生コンボ、山川穂高×村上宗隆のアーチストコンボ、王柏融×宋家豪の台湾コンボが制作されています。他のアイテムではなかなか実現できない組み合わせになっていますよ。

宋 家豪(楽)×王 柏融(日)
宋 家豪(楽)×王 柏融(日)


<プレミアムインサートカード>スペシャル直筆サインカード
ホロ紙の輝きと夜桜デザインの相性もバッチリなスペシャルサインは全10種をラインアップ。月光が差し込む中、はかなく桜が舞い散る。幽玄な風景画のような一瞬が、カードで見事に表現されています。クオリティの高さでは、今年のジェネシスの中でも最高峰と言えるでしょう。

松坂大輔(西)
松坂大輔(西)

糸原健斗(神) ©️阪神タイガース
糸原健斗(神)
©️阪神タイガース


<プレミアムインサートカード>バイバック直筆サインカード
1stバージョン2ndバージョンに続く、現役バイバックサインの第3弾がジェネシスに封入されます。今回は則本昂大、宮﨑敏郎、青木宣親の3選手が登場。それぞれルーキーエディションや1stのルーキーカードにもサインを記入してもらっていますが、2年目に大ブレークして新人王を獲得した青木は、まさにそのタイミングで発行された2005年の2ndバージョンのバイバックサインも1枚限定で封入されています。BBM15周年マークも入っているので、当時を知るファンの皆さんにとっては、懐かしい1枚ではないでしょうか。

則本昂大(楽)2013ルーキーエディションNo.63
則本昂大(楽)2013ルーキーエディションNo.63

青木宣親(ヤ)2005BBM2ndバージョンNo.657
青木宣親(ヤ)2005BBM2ndバージョンNo.657


<プレミアムインサートカード>直筆サイン&メモラビリアカード
直筆サインとビックパッチがコラボした貴重なカードは4種を制作。サインが見やすくなるように、選手の下半身のぼかし方にもこだわりました。各5枚限定ですが、柳田悠岐はマスコットの顔部分のパッチをこのカードのために取っておきました。こだわりの1枚がこちらです!

柳田悠岐(ソ)
柳田悠岐(ソ)

山本由伸(オ)
山本由伸(オ)

<プレミアムインサートカード>クロス直筆サインメモラビリアカード
佐々木朗希と奥川恭伸。今年のスポーツカード界を席巻した2人の超お宝カードが誕生です。

1stバージョンでクロスサインはともに封入されていましたが、GENESISではさらにパワーアップ。夜桜と月のデザインをメモラビリアカードとして転用し、さらにそのカードに直書きサインを記入してもらいました。クロスブランドデザインのメモラが初なら、クロス直書きサインも初。ジャージーもパッチ部分が使用されており、まさに究極のプレミアムインサートと言えるでしょう。


佐々木朗希(ロ)
佐々木朗希(ロ)

奥川恭伸(ヤ)
奥川恭伸(ヤ)

<プレミアムインサートカード>ブックレットカード
今年のブックレットカードは3種を制作しました。

注目は村上宗隆の直筆サインジャージーカード。スーパーパッチサイズのジャージー部分に直筆サインを記入してもらい、片面には大きく写真を使うことでブックレット形式にしました。こちらもBBMでは初の試みとなっています。


村上宗隆(ヤ)

佐々木朗希と奥川恭伸のブックレットは、アルファベットの「S」と「O」、胸番号の「1」と「1」を組み合わせ、千賀滉大と則本昂大のブックレットはボールサインを組み合わせています。エクスチェンジカードが封入されているので、入手した方はBBMまでお送りください。画像は準備が出来次第、公開していきますので、お楽しみに!


佐々木朗希(ロ)×奥川恭伸(ヤ)


千賀滉大(ソ)×則本昂大(楽)

<プレミアムインサートカード>トリプルブックレットカード
佐々木朗希、奥川恭伸、石川昂弥とルーキーのビッグ3が集結したトリプルブックレットカードは1枚限定。3人のボールサインが3面にあしらわれた超豪華版です。まさに、2020年のスポーツカードシーンを代表するような1枚と言えるでしょう。こちらもエクスチェンジカードが封入されています。


佐々木朗希(ロ)×奥川恭伸(ヤ)×石川昂弥(中)



開封動画はこちら!



YouTubeのBBM公式チャンネル、ぜひ登録をお願いします!

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事