close

2020-11-12

【相撲】相撲編集部が選ぶ11月場所5日目の一番

連日十両の土俵を沸かせる宇良が、“伝家の宝刀”居反りをプロ入り後初めて決めた

全ての画像を見る
宇良(居反り)旭秀鵬

 左足首を負傷し、4日目は踏ん張れずに敗れた新大関正代が5日目から休場。痛みに耐えて頑張ってほしかったが、「土俵に上がるのが怖い」ということなので、しっかり治してもらいたい。

 横綱、大関が4人休場と幕内が盛り下がってしまったが、十両では16場所ぶりに関取復帰を果たした宇良が館内を沸かせてくれた。

 旭秀鵬と対戦した宇良は、相手の突きをかわして低く潜り込み、左を差されると相手の左脇に頭を入れ、相手の左腕を肩越しに右腕で取り、後方に反りながら倒した。決まり手は居反りとなったが、動きは襷(たすき)反りだった。

 宇良は左手で相手の左足も取ろうとしたが手が掛からず、これが掛かっていれば完全な襷反りだった。襷を掛けたような形になるので、この名がついている。宇良としては平成29年1月場所で襷反りを決めているので、居反りでよかったのだろう。十両での居反りの決まり手は、平成5年1月場所12日目に智ノ花が花ノ国に決めて以来27年ぶり。学生時代に「居反りの宇良」と言われていたが、プロでは初めて決めた。

「自分でもびっくりしました。危ないですけど、自然に体が動きました。たまたまそういう動きになったんです。居反りとかじゃなく、白星をつかめたことが一番ですね」とリモート取材に応じた宇良。

 序盤の5日間を終わって3勝2敗とし、「白星先行といっても1つだけですからね。十両は厳しいですよ。あと10日あるんで頑張りたいです」と連日、必死の土俵が続いている。

 今後も反り技が期待されてしまうが、「正面から押していく相撲を取っていくので、居反りを期待されても困ります」と宇良。場所前には、「何が何でも勝ち越したい」と語っており、久しぶりの十両でも思い切り相撲が取れている。このまま順調に番付を戻していって、幕内上位力士との対戦が見たいものだ。

文=山口亜土





相撲 11月号 11月場所展望号(No.915) | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

2020年10月29日発売BBM0312011B5判別冊付録共特別定価 本体945円+税Contents◎カラー新大関正代が誕生!正代一夜明け会見正代伝達式後会見コメントで振り返る正代のこれまで【新関脇】隆の勝伸明[千賀ノ浦]【新入幕】天空...

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事