close

2020-11-18

【相撲】相撲編集部が選ぶ11月場所11日目の一番

結びの一番で埼玉栄の後輩、琴勝峰を一蹴した貴景勝

全ての画像を見る
貴景勝(突き落とし)琴勝峰

 幕内の優勝争いは大関貴景勝と平幕志摩ノ海が1敗で並走。先に志摩ノ海が豊昇龍を押し倒して10勝目を挙げ、貴景勝にプレッシャーをかける。

 貴景勝は結びで埼玉栄高の後輩・琴勝峰の挑戦を受けた。今場所も高校の先輩とは、大栄翔、北勝富士、翔猿、妙義龍と対戦していたが、後輩と当たるのは初めてとなる。

 琴勝峰は最高位の5枚目まで躍進し、この2日間は隆の勝、御嶽海と東西の関脇を連破し6勝をマーク。勝ち残りの控えで、結びの一番を見上げて、「早くこの舞台に立ちたいなと思いました」と話していたが、11日目に初の結びが組まれ、意気込んでいた。

 両者、立ち合いで頭から当たり突き放すも、貴景勝の踏み込みがよく、半歩前に攻め込む。琴勝峰が挽回しようと勢いよく前に出たが、貴景勝は狙いすましたかのように体を開くと、左からの突き落としで琴勝峰をはわせた。

 琴勝峰は「ちょっと力が入りすぎちゃったかなあ。大関は強かったです。そもそも地力が足りないのかなと思います。対戦した経験を生かさなきゃいけないと思いました」と敗戦の弁。

 後輩の初挑戦を跳ね返した貴景勝は、「今まではずっと先輩たちに立ち向かっていた。埼玉栄からどんどん育ってくれているのはうれしい」と、後輩との初対戦にしみじみ。琴勝峰の将来性については、「いいものを持っているので、一生懸命やれば強くなると思う」と期待を寄せていた。

 この日の白星で年間48勝となり、トップの正代に並んだ。正代の再出場はないので、年間最多勝も確実となった。幕尻の志摩ノ海との優勝争いについては、「新弟子のときから一日一日を大事にやっている。今までやってきたことを明日もやるだけ」と目の前に一番に集中していく考えだ。

文=山口亜土


相撲 11月号 11月場所展望号(No.915) | BBMスポーツ | ベースボール・マガジン社

2020年10月29日発売BBM0312011B5判別冊付録共特別定価 本体945円+税Contents◎カラー新大関正代が誕生!正代一夜明け会見正代伝達式後会見コメントで振り返る正代のこれまで【新関脇】隆の勝伸明[千賀ノ浦]【新入幕】天空...

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事