close

2021-02-26

【女子プロレス】高橋奈苗vs里村明衣子のワールド・オブ・スターダム選手権! 2012年3月20日、スターダム後楽園

激闘を繰り広げた高橋奈苗と里村明衣子

全ての画像を見る

2012年、ワールド・オブ・スターダム選手権〈王者〉高橋奈苗vs里村明衣子〈挑戦者〉の一戦が行われ、当時の細分化した女子プロレス界に一石を投じる形になった。

 2012年3月20日、スターダム後楽園大会でワールド・オブ・スターダム選手権〈王者〉高橋奈苗(現・高橋奈七永)vs 里村明衣子〈挑戦者〉がおこなわれた。当時の女子プロレス界は細分化されており、5団体がシングルのタイトルを管理しているが、どれも一番価値があるベルトとは言い切れなかった。戦前、里村は「今の女子プロレスのベルトには価値がない」とまで断言している。

 試合は奈苗が里村に対する怒りを爆発させ、最上級のフィニッシュホールドであるワンセコンドEXで3カウントを奪取。試合後には「このベルトに価値がないわけない。相手が里村明衣子だから価値が上がった」と自信を深めた。

「高橋奈苗に対してだけじゃなくて、全女子レスラーに問題提起をしていたつもりです」

 この一戦から9年の月日が経過した。女子プロレスのベルトの価値がどうなっているのか。その答えはあらためて言うまでもないだろう。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事