close

2021-02-26

【陸上】あす日本選手権クロカン、東京五輪代表内定の田中希実は「世界のトラックレースのイメージをつくれたら」

田中希実(豊田自動織機TC)

2月27日(土)に福岡市・国営海の中道海浜公園クロスカントリーコースで行われる日本選手権クロスカントリー。シニア女子8kmに出場する田中希実(豊田自動織機TC)と萩谷楓(エディオン)、シニア男子10㎞に出場する三浦龍司(順天堂大1年)がレース前日に福岡市内のホテルで記者会見に臨んだ。


三浦龍司(順天堂大1年)

 洛南高3年時の昨年はU20部門で8位だった三浦。今季、順大では3000m障害とハーフマラソンでU20日本記録を更新するなど輝かしいルーキーイヤーを送った。2021年シーズンは3000m障害での東京五輪出場を目指す。クロカンと3000m障害の共通点を「後半のタフさ、粘り」といい、「今シーズンに入る前に、脚力づくりをメーンに取り組んできました。その取り組みをここで出せれば、トラックレースにつながるので、このレースを大事にしたい」と決意を語った。今回のクロカンでの目標は「順位は20番以内、タイムは30分半」だ。

 一昨年は「当たって砕けろで優勝できました」という田中は、東京五輪5000m代表内定選手として参加する。昨年の日本選手権では800m、1500m、一昨年の日本選手権では10000mと、さまざまな種目に取り組んできた。「私の陸上に対する取り組みは、いろんな種目に取り組んで調子を上げていくこと。内定をいただいている5000mでは15分を切って、世界に通用する力を出したい」とその意図を語る。今回のクロカンは「日本のトラックレースにはない、ペースの変動ができるので、世界のトラックレースのイメージがつくれたら」と世界を見据えたレースにする。

 U20男子8kmは13:50~、U20女子6kmは14:30~、シニア女子8kmは15:00~、シニア男子10kmは15:40~から。

写真/中野英聡、田中慎一郎

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事