close

2021-03-03

【プロレス】藤波辰巳がWWWFジュニアヘビー級王者として凱旋帰国&ドラゴン・スープレックス日本初公開「アイ・ネバー・ギブアップ!」 1978年3月3日

WWWFジュニアヘビー級王者の藤波辰巳

全ての画像を見る
 1978年3月3日、新日本プロレス高崎市体育館大会にて、藤波辰巳(現・藤波辰爾)がWWWFジュニアヘビー級王者として2年9カ月ぶりに凱旋帰国した。

 藤波は1978年1月23日、アメリカ・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでカルロス・ホセ・エストラーダを新技のドラゴン・スープレックス・ホールドで破って、日本人初のWWWFジュニアヘビー級王座戴冠。2月22日にアントニオ猪木に伴われて帰国。「ビッグファイト・シリーズ」開幕戦でマスクド・カナディアン(ロディ・パイパー)と対戦した。

 藤波は凱旋試合でドラゴン・スープレックス・ホールドを日本初公開。試合後、リング上でのテレビインタビューで「アイ・ネバー・ギブアップ!」とコメント。当時24歳の藤波はその後、新時代のスターへと駆け上がっていく。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事