close

2021-04-08

入江陵介が200m背泳ぎも制し2冠達成

男子200m背泳ぎは優勝の入江(中央)、2位の砂間(左)が代表に内定(写真◎小山真司)

競泳の東京五輪代表選手選考会を兼ねた日本選手権の第6日が8日、東京アクアティクスセンターで行われ、男子200m背泳ぎでは入江陵介(イトマン東進)が1分55秒52で優勝。2位の砂間敬太(イトマン東進)が1分56秒22で日本水泳連盟が定めた派遣標準記録も突破し、東京五輪代表に内定した。入江はすでに100m背泳ぎでも優勝、東京五輪代表に内定していた。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事