close

2021-04-08

池江璃花子、100m自由形も制す

女子100m自由形を制し、400mフリーリレーでも代表に内定した池江(写真◎小山真司)

競泳の東京五輪代表選手選考会を兼ねた日本選手権の第6日が8日、東京アクアティクスセンターで行われ、女子100m自由形では池江璃花子(ルネサンス)が53秒98で優勝し、100mバタフライに続いて2冠を達成。
また、2位の酒井夏海(スウィン美園)が54秒32、3位の五十嵐千尋(テイクアンドギヴ・ニーズ)が54秒33、4位の大本里佳(ANAイトマン)が54秒36で、日本水泳連盟が定めた女子400mフリーリレーのリレー派遣標準記録を突破し、東京五輪代表に4名が内定した。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事