close

2021-04-08

男子200m個人メドレーは瀬戸が優勝、萩野が2位で代表に内定

男子200m個人メドレーを制した瀬戸(右)と2位の萩野が代表に内定(写真◎小山真司)

競泳の東京五輪代表選手選考会を兼ねた日本選手権の第6日が8日、東京アクアティクスセンターで行われ、男子200m個人メドレーは瀬戸大也(TEAM DAIYA)が1分57秒41で優勝。瀬戸は2019年光州世界選手権の同種目で優勝していたため東京五輪代表に内定していた。また2位には萩野公介(ブリヂストン)が1分57秒43で入り、日本水泳連盟が定めた派遣標準記録も突破し、東京五輪代表に内定した。萩野は200m自由形で3位に入り、800mフリーリレーのリレー派遣標準記録を突破しており、2種目めの代表内定となった。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事


RELATED関連する記事