close

2021-05-02

【プロレス】東北最大フェス中止受け…みちのくプロレスが狂乱「俺たちの荒吐」開催

「俺たちのARABAKI」なる狂乱イベントのトリを務めたサスケ

全ての画像を見る
 東北最大のロックフェスティバル「ARABAKI ROCK FEST.21」(宮城県川崎町)の中止が発表されたのは開催1週間前の4月24日だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京など4都府県で緊急事態宣言が発令されるなど人の往来制限が求められる状況を考慮したうえでの決断で、昨年に続く2年連続の中止となった。

岩手の山奥にあるみちのく道場でおこなわれた狂乱のイベントに熱心なファンが集結

 東北の音楽ファンを落胆させるニュースとなったが、これを受け、イベントがおこなわれる予定だった5月1日に出演予定のアーティストが集まり、オフィシャルYouTubeで無料生配信を実施。スペシャルライブや一夜限りのトークがファンのもとに届けられた。

 演者サイドにも強い思い入れを抱かせるARABAKIは2001年8月に初開催。以来、宮城県を舞台に同フェスは開催されてきたが、そんな荒吐を“欠場”したのは2002年の第2回のみという参加者…というか参加団体がある。東北のローカルプロレス団体「みちのくプロレス」だ。

ARABAKIに“参戦”するみちのくプロレス(写真は2018年4月)

さまざまな音楽が鳴り響く広大なフェス会場の野外スペースに設置された四角いリング。団体の象徴ザ・グレート・サスケやWWE(当時はWWF)でも活躍した新崎人生、新世代のエース・MUSASHI、ジャパニーズルチャを掲げるみちのくらしいマスクマンたちが大暴れ――音楽フェスとは似つかわしくないそんな風景は、荒吐ではお馴染みの景色。プロレスファンのみならず、数万人規模の音楽ファンの大喝さいを浴びたレスラーたちは音楽のライブステージに飛び入り参加することもあった。

そんなみちのくだけに、コロナ禍による2年連続のARABAKI中止にショックを隠せず。だが、落胆だけで終わらないのがプロレスのしぶとさだ。

アーティストたちに負けじと、5月1日、岩手県滝沢市のみちのくプロレス道場で「俺たちのARABAKI2021」と題した興行を開催。メインイベントではロックンロールの魂を闘いで表現すべく、砂利のひかれた路上でのはしたろうと郡司歩が一騎打ち。エニウェアフォールルール採用のドランカーマッチとしておこなわれた同一戦は、試合途中であろうと、対戦相手の指定したタイミングで東北の地酒を飲まなければいけないというある意味、非常に過酷なルールのもとおこなわれた。

へべれけになりながらも、テーブルクラッシュを決めたのはしが勝利

3回のドランカータイムによってへべれけとなった両者だが、最後は選手会長ののはしがテーブルクラッシュのボディープレスを決めて、郡司からピンフォール勝ちを挙げた。

のはし「コロナによってARABAKIロックフェスティバル、2年連続の中止。我々も悔しいですけど、出演を予定していたアーティストであったり、日本全国から荒吐の地を目指してやってくるハズだったファンの皆さんの無念を思うと、自分たちがやってることなんてホントに微々たることだと思います。だけど、ここにいらっしゃる皆さんが、ひとりでもみちのくプロレスを応援してくれる限り、発信できる場所を僕ら自身で作って、発信していきたいと思います! 本当にありがとうございました! ここに集まってくれた皆さんが一人でもいる限り、我々は東北の地で闘い続けていきます! 1試合1試合、1大会1大会、皆さまと巡り合えたことに本当に感謝しながら、最後この歌を歌いたいと思います…!」

 熱弁を振るったのはしは突如、中島みゆきさんの「糸」を熱唱。ここからが「俺たちのARABAKI」ほメインイベントと言わんばかりの勢いで乱入してきた小笠原泰良はのはしを襲ってマイクを奪うと、サザンオールスターズを歌い上げる。

後方に見えるのがみちのくの事務所兼合宿所だ

そしてトリは、この日来場予定のなかったサスケ。客席後方から突如現れた東北の英雄はボンジョヴィの「It's My Life」をフルコーラスで大熱唱。聞くのも歌うのも洋楽専門という東北の英雄のなんともたまらない歌声に、小雨が降るなか集まった東北のややアレなファンも大熱狂。そして、自らの歌声に酔いしれたのかサスケは「雨のなか、どうもありがとう!センキュー・エブリバディ、グンナイ!」。まだ日も暮れてないにもかかわらず、こう告げると、笑顔でファンの前から去っていった。

みちのくプロレスの宇田川公延取締役は「ARABAKIロックフェスは中止になってしまいましたが、みちのくプロレスはみちのくプロレスのやり方で荒吐をやるという意志のもと開催しました。我々なりの荒吐愛の証です」とコメント。そんな狂乱イベントを終えたみちのくプロレスは5月4日より、岩手・矢巾町民総合体育館大会よりゴールデンウイーク・シリーズに突入する。


タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事