close

2021-06-23

【日本選手権】男子100m前日会見コメント:山縣「チャレンジャーであることに変わりはない」

日本新を出しても挑戦者として今大会に臨むという山縣 写真/早浪章弘

全ての画像を見る
明日6月24日から始まる第105回日本選手権男子100mに出場する小池祐貴(住友電工)、多田修平(住友電工)、桐生祥秀(日本生命)、山縣亮太(セイコー)の4選手が前日会見に臨み、それぞれの抱負を語った。
以下、各選手のコメント。

小池祐貴(住友電工)
自己ベスト:9秒98(19年)

「調子も上がってきているので、出る以上は優勝目指して頑張りたい。布勢スプリント(6月6日)以降、ウェイトを高重量にして走りの感覚を見直してきました。ウェイトは2回、3回挙上できるくらいの重さで、例年の夏にはそれほどの重さはやっていないけど、必要だと思ってやってきました。走りで意識してきたのは、半身、半身、一歩ずつしっかり強く踏むようにしてきたこと。100mについては感覚的に納得できたレースがこの2年くらいはないので、自己採点的な部分を大事にして走りたい。200mは100mが終ってからどんな走りを目指すのか考えたいと思います」

ケンブリッジ飛鳥(Nike)
自己ベスト:10秒03(20年)
「僕の場合は、五輪参加標準記録(10秒05)を切って勝たなければいけないので、予選、準決勝、決勝とタイムを上げていきたいと思います。布勢スプリントは状態が良くなく、自分の走りではなかったので、この2週間は走りにおける感覚のズレをできるだけなくすように取り組み、だいぶ良くなってきました。(今季、違和感のあった左ハムストリングスについて)布勢あたりから痛みはなく、良くなってきました。走りも自己ベストを出したときの走りに近づけるイメージで、内容も手ごたえをつかんできています。不安もありますけど、明日からしっかり気持ち切り替えてやっていきたいです」

多田修平(住友電工)
自己ベスト:10秒01(21年)

「布勢スプリントからも調子が上がってきています。布勢では4年ぶりに自己記録を出したので、その勢いで走れればと思います。前回の五輪選考会(2016年)は準決勝落ち(1組最下位)で、まだまだ五輪は雲の上の存在だと思っていましたが、今回は(自分がオリンピック出場を狙える位置で)すごい緊張感がありますし、3,4日はよく寝れない状態が続いています。いつも緊張して前日は寝れないときはありますが、いつも以上に緊張していると思いますが、その緊張感をパワーに変えて臨めればと思います。スタートから中盤が得意なので、あとは課題のレース後半、上体が上がらないように減速幅を小さくできればと思います」

桐生祥秀(日本生命)
自己ベスト:9秒98(17年)
「予選、準決勝は自分の走りを確認しながら走りたいです。布勢スプリントで感じたアキレス腱の違和感が残っていたので、痛みを取ることを優先に取り組んできました。明日から3本しっかり走りたいと思います。(山縣亮太の日本新について)明日からその選手と戦うので、記録面については特にありません。走りは良くなってきていますので、しっかり走り切りたいと思います」

山縣亮太(セイコー)
自己ベスト:9秒95(21年)

「一発勝負ですべてが決まるので、緊張感を持って臨みたいです。(日本新を出した)布勢スプリント降は確かに疲労が残っていましたが、ここまで予定どおりに練習を積めてきています。過去2回のオリンピックイヤーとの違いは特にありません。毎回、独特の緊張感があり、不安な気持ちとワクワクする気持ちが両方ある感じです。布勢が終わった段階でこういう走りがしたいというのが(課題が)あって前向きに挑めてきましたので、日本新を出したことで気持ち的に切れたことはありません。体の調子はその日その日で変わってくるので、それに合わせた技術的な課題も変わってくるものです。大切なのは、今の状態と向き合って、そのときの課題を一つひとつクリアしていくことです。勝負の分かれ目は自分のレースができるかどうか。最後一本、全力でいくという気持ちでいければと思います。日本新を出しても、東京五輪代表の座を争う意味では、チャレンジャーであることに変わりはないです」

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事