close

2021-07-28

【競泳】男子200m個人メドレーに瀬戸・萩野が登場/第5日目午後展望

200mバタフライでも準決勝敗退に終わった瀬戸。切り替えて臨むことができるか(写真◎GettyImages)

競泳の東京五輪第5日目が28日、東京アクアティクスセンターで行われている。
午前セッションでは女子200m個人メドレー決勝で大橋悠依(イトマン東進)が同400mに続くふたつ目の金メダルを獲得。男子200mバタフライ決勝では本多灯(日本大2年)が銀メダルを獲得した。

午後セッションでは各種目の予選が行われ、男子200m個人メドレーでは瀬戸大也(TEAM DAIYA)と萩野公介(ブリヂストン)の、日本水泳界をけん引してきた2人が登場。ここでは日本選手の出場種目の見どころを紹介していこう。

男子200m背泳ぎには入江陵介と砂間敬太(ともにイトマン東進)の2名が出場する。入江は100mに出場し、惜しくも準決勝敗退したが、本命はこの200m。100mでは久しぶり52秒台をマークするなど調子は悪くない。2012年ロンドン五輪以来のメダル獲得へ向け、これまでの経験を生かしていく。準決勝進出ラインは1分56秒前半か。ふたりそろって準決勝に駒を進めたい
優勝候補は100m背泳ぎを制しているE・リロフ(ロシア)。もともと200mを得意としているだけに、2冠も近い。リオ五輪背泳ぎ2冠のR・マーフィー(アメリカ)は意地を見せられるか。

女子200m平泳ぎには渡部香生子(JSS)が出場。100m平泳ぎでは予選落ちに終わったが、2015年世界選手権を制した得意の200mで巻き返したい。
海外勢ではT・スクーンマケル(南アフリカ)に注目。200mを得意としているが、100mでも力をつけ銀メダルを獲得。このスピードが200mにどう生かされるか。その他にも選手がそろっており、メダル争いは2分20秒台となりそうだ。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事