close

2021-08-20

【しゅりんぷ池田のカード春秋】来日遅れの外国人選手のカードが登場

SHARE

  • twitter
  • facebook
  • line
サイン枚数増の副産物

 毎年恒例のBBMベースボールカードの2ndバージョンが発売となりました。4月に発売された1stバージョンでは1球団あたり27名がカード化されているのですが、この中には各球団の監督と支配下登録の新人選手全員も含まれているので既存の選手でカードに登場できるのは20名弱と、なかなかハードルが高いのです。

 シーズンが始まってから戦前の予想ではレギュラークラスと思われていなかった選手が急に活躍し始めるというケースがままあります。今季で言えば西武の呉念庭などがそれに当てはまるでしょうが、そうした選手を救済すべく、2ndバージョンで1stバージョンアップデート版というカテゴリーが設けられており、各球団3名が1stバージョンのレギュラーカードのデザインと同じフォーマットでカード化されています。言わば、1stバージョンの補遺版に当たるわけですが、シーズン途中に移籍した選手や育成から支配下に昇格した選手、途中入団した新外国人選手なども、このカテゴリーに入れられるのが常でした。

 ところが、今季はコロナ禍のため来日が遅れ、写真がまったくないため1stバージョンでカード化できなかった外国人選手が多数いたため、それらの選手がアップデート版に収録されることになりました。

 さらに、12球団個別のチームカードに入れられなかった来日遅れの外国人選手たちの直筆サインカードも、この2ndバージョンに投入されることになったそうで、例年以上にサインカードの枚数が多くなるという副産物が生まれたのでした。
(週刊ベースボール2021年9月3日号 掲載記事再編)

2021BBMベースボールカード2ndバージョン 直筆サインカード マルティネス
2021BBMベースボールカード2ndバージョン 直筆サインカード マルティネス

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事