close

2021-08-18

【ソフトボール】東京五輪感動したシーンは?アンケート 第2弾『13年ぶりのオリンピック』

オープニングゲームはアテネ五輪、北京五輪に続き、オーストラリアとの対戦となった(写真/WBSC)

全ての画像を見る
東京オリンピックで見事金メダルに輝いたソフトボール日本代表。13年越しの連覇に日本中が大いに盛り上がりました。日本チームも海外チームも多くの素晴らしいプレーがあった中で、皆さんが最も感動した瞬間はいつだったのか、ソフトボール・マガジンでアンケートを実施。ご回答いただいた中の一部のコメントを写真とともに紹介します。





13年ぶりのオリンピック

▲オープニングゲームはアテネ五輪、北京五輪に続き、オーストラリアとの対戦となった(写真/WBSC) 

 ソフトボール競技にとって今回のオリンピックは2008年北京五輪以来の復帰となりました。オープニングゲームとなった第1戦のオーストラリア戦での「プレイボール!」は選手はもちろん、ソフトボール関係者、ファンが待ち望んだ瞬間でした。

 そのオーストラリア戦にもコメントが寄せられました。


《皆さんのコメント》


第1球が投げ込まれた瞬間に鳥肌が立つほどうれしかった。ずっと待っていたソフトボールの復活をこの目で見られて本当に良かった。終始、感動させられたソフトボール競技だった!(なちゅん)

1回表の守備で、ベンチメンバーも含めた全員がマウンドに集まり、円陣を組んだとき。ここに来るまでの選手選考や合宿など、その集大成となる大会が始まると思ったら、自然と涙が出てきました(あずかず)




▲試合前、全員がマウンドに集まり、円陣を組んで集中する日本代表(写真/WBSC)


まだまだアンケート募集中!
SBMアンケート「東京オリンピック感動した瞬間は?」

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事