close

2021-08-25

再検証 夏の甲子園 激闘の記憶 1998年 横浜高校 松坂大輔という旋風(楊順行/著)

2021年 9月 4日発売
BBM1010471
四六判並製・256頁
定価  1,760円(税込)
ISBN:978-4-583-11406-4 C0075

Contents
【再検証 夏の甲子園 激闘の記憶シリーズ】
高校野球の歴史を彩る、あの年のあの学校の戦いを、関係者への取材を通して改めて振り返る5巻シリーズ。1973年の広島商業、1976年の桜美林、1982年の池田、1982年の松山商業と熊本工業、1998年の横浜。それぞれの1年を、高校野球に精通したスポーツジャーナリストたちが描き切る。

センバツを制した横浜高校は、夏の大会でも快進撃を演じる。主役は「怪物」と呼ばれた松坂大輔。熱投に次ぐ熱投のうえ、決勝戦でノーヒットノーランを演じた雄姿は、今も野球ファンの脳裏に焼き付いている。
あれから20余年――
改めて、1998年の横浜高校が辿った軌跡を振り返る。

【目次】
第一章 公式戦無敗の始まり
第二章 最後の夏へ
第三章 対 柳ヶ浦/鹿児島実/星稜
第四章 対PL学園 その1
第五章 対PL学園 その2
第六章 対明徳義塾/京都成章
第七章 公式戦44連勝成就、そして……

【著者紹介】
楊順行 (よう・のぶゆき)
1960年、新潟県生まれ。82年、ベースボール・マガジン社に入社し、野球、相撲、バドミントン専門誌の編集に携わる。87年からフリーとして野球、サッカー、バレーボール、バドミントンなどの原稿を執筆。85年、KK最後の夏に“初出場”した甲子園取材は58回を数え、観戦は2000試合を超えた。2021年時点で春夏通じて49季連続“出場”中。著書に『「スコアブック」は知っている。』(KKベストセラーズ)『高校野球100年のヒーロー』『甲子園の魔物』(ベースボール・マガジン社)、編著に『甲辞園』(ベースボール・マガジン社)。

Amazonからのご購入

BOOK CARTからのご購入

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事