close

2021-09-11

【ボクシング速報】中谷潤人、鮮烈アメリカデビュー! 元王者アコスタを圧倒

初防衛に笑顔の中谷

全ての画像を見る
WBO世界フライ級チャンピオン中谷潤人(23歳=M.T)は10日(日本時間11日)、アメリカ・アリゾナ州ツーソンで同級1位のアンヘル・アコスタ(30歳=プエルトリコ)とタイトルマッチ12回戦を行い、4回32秒TKO勝ちで初防衛に成功した。アメリカ初戦を飾った中谷は、デビュー以来22連勝(17KO)。

 強打のアコスタを相手に慎重な立ち上がりを予想されていた中谷だが、ゴングとともに攻勢をかける。長いリーチを活かした右ジャブで早々に距離を支配すると、左ストレートも強気に打ち込んでいく。これをまともにもらったアコスタは、初回からおびただしい鼻血に見舞われた。

「いいタイミングで鼻に入った」と確実な手ごたえを得た中谷は、2回に入っても飛ばし過ぎが心配になるほど攻める。接近戦でも自信を持って打ち合い、ボディブローを的確にヒット。アコスタ得意の左フックはことごとくかわした。ロープに詰め、右をカウンターされる場面もあったが、後続打は許さない。アコスタは骨折が疑われるほど鼻血がひどく、このラウンドに最初のドクターチェックを受けた。

 ワンサイドゲームの様相を呈した3回、レフェリーは再びアコスタの診断をドクターに要請。ここは続行されたが、4回が始まってまもなく試合終了を宣告した。

 国際的な知名度も高い元王者のアコスタに圧勝。アメリカのファンにも十分アピールする内容での勝利に、中谷は「最初のラウンドでペースをつかめた。お客さんが沸いてくれたので、いい勝ち方ができたと思う」と笑顔を見せた。「フライ級は中谷、と思われるような存在になりたい」という若き王者。「統一戦をやりたい気持ちが強い」と、ビッグマッチ参入を宣言した。(このあと詳報)

写真/ゲッティイメージズ

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事