close

2021-09-20

多賀少年野球クラブの「勝手にうまくなる」仕組みづくり(辻正人/著)

2021年10月 1日発売
BBM1050185
四六判並製・200頁
定価  1,760円(税込)
ISBN:978-4-583-11215-2 C0075

Contents

指導者・保護者の悩みもこれで一発解消!
2018,2019年『全日本学童大会』連覇を含む3度の日本一。
学童野球のカリスマ監督が明かす“チーム運営”の最新トレンド!

本書では私たちのチームづくりの方法や子どもたちの育成術、またどんな過去があってそういう発想に至ったのかなど、現在の姿を分かりやすく記しているつもりだ。時代に合っているかどうかは分からないが、私たちは多くのチームが今悩んでいる部分をもう何年も前に経験していて、すでに一周回っている状態。時代に合わせるというよりも、常に時代の先を行っているという自負がある。そんな「多賀」の魅力を多くの人に感じてもらうとともに、野球界全体が良い方向へ進んでいくことを願っている。(「はじめに」より)

【目次】
はじめに
第1章 チームづくりの方針
第2章 選手がうまくなる仕組みと指導
第3章 チームの環境と運営
第4章 子どもの育成と「魔法の言葉」
第5章 目指すべき少年野球の形
おわりに

【著者紹介】
辻正人(つじ・まさと)
1968年、滋賀県生まれ。近江高-近畿大。多賀中で軟式野球を本格的にはじめ、近江高校野球部に所属した。20歳のとき多賀少年野球クラブを結成し、以来、監督として指導にあたり続けている。プロ野球・東北楽天の則本昂大投手は同クラブOB。少年野球誌の『ヒットエンドラン』(ベースボール・マガジン社)で連載を受け持つなど、カリスマ指導者として全国で知られている。2015年「全国スポーツ少年団大会」準優勝、2016年同優勝。2018、2019年「全日本学童大会」優勝、2021年同ベスト8と実績多数。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事