close

2021-09-21

【ボクシング】寺地のV9なるか。初挑戦・矢吹の戴冠か。注目のWBCライトフライ級戦、明日ゴング

計量をクリアし、寺地は笑顔、矢吹はポーカーフェイスと、ともにいつもの表情

全ての画像を見る
 明日22日、京都市体育館で開催されるWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦の計量が21日に行われ、チャンピオン寺地拳四朗(29歳=BMB)が48.7kg、挑戦者1位・矢吹正道(29歳=緑)が48.8kgと、ともにリミット(48.9kg)を下回って1発クリアした。

文_本間 暁 写真提供_真正ボクシングジム

減量の厳しさを危惧された寺地は200gアンダー
減量の厳しさを危惧された寺地は200gアンダー

 計量後、「ずっと食べたかった」というシャインマスカットを口にした寺地は、昨日の会見でかすれ気味だった声も、いつもの状態に戻った感。「水分も摂れてバッチリ。明日は(矢吹に)何もさせず、圧勝したい」と、これまで再三語ってきた希望絵図を繰り返した。

「自分の動きやすさを考えてプラス3kgで臨む予定」と矢吹
「自分の動きやすさを考えてプラス3kgで臨む予定」と矢吹

 一方の矢吹は、前日までと同様、歯切れ良い口調で声のトーンも変わらず。「コンディションは本当にいいです。明日はやってきたことをやるだけ」ときっぱり。ただ、これまで何を訊かれてもきちんと応えてきたが、「どういう展開、勝ち方をしたいか?」という質問だけは、「それは言いたくないです。チャンピオンに勝つことだけを考えてます」とやんわり断った。

 検診結果は以下のとおり

チャンピオン
寺地拳四朗
体温 36.9℃
脈拍 66/min
血圧 138/96 mm/Hg

挑戦者1位
矢吹正道
体温 37.1℃
脈拍 101/min
血圧 136/97 mm/Hg


 4月のV8戦(対久田哲也)では、より攻撃的なボクシングへの取り組みを試した寺地。果たして今回はどうか。
 スタンスを広め、懐を深く見せながら、遠い距離から多彩なジャブを基点に仕掛けていく寺地本来のボクシング。そこにこそ寺地の“強み”があり、これをベースに組み立てていくことが予想される。矢吹は「久田戦のようなボクシングをしてきてくれれば、自分のKO勝ちのチャンスはもっと広がる」と言って憚らなかった。だが、もちろん寺地が本来の“やりにくい”スタイルで来ることは充分に想定し、その対策にも取り組んできたことだろう。
 第1のポイントは、多彩なジャブを繰り出す寺地に対し、単発ながら強くて長いジャブを放つ矢吹との“ジャブの差し合い”だ。寺地のジャブすべてに反応することは容易ではないが、それを矢吹がどう処理するか。あるいは、ある程度無視して、リターンをするのか。

 第2のポイントは、攻守の裏に隠された“主導権争い”だ。前に出る、攻めて出ている側が優位に見えるかもしれないが、果たしてそれはペースやリズムを取れているからできているものなのか。守っている側が目に見えない主導権を手にし、引き寄せているのではないか。
 足を使ってリングを広く大きく使うのは、プレッシャーをかけられての“逃げ”なのか、もしくはペースを支配をした上での“余裕”なのか。

 これら、“目に見えない争い”をも堪能できる戦いになりそうだ。

寺地:18戦18勝(10KO)
矢吹:15戦12勝(11KO)3敗

 なお、試合の模様はカンテレドーガで明日午後6時からライブ配信(セミファイナルとメインイベント)。前座3試合は午後4時からYouTube『BOXING REAL』チャンネルでライブ配信される。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事