close

2021-09-25

悲願の武藤敬司超えなるか!? “新”清宮海斗がスランプ脱出で一気に頂点を目指す! NOAH「N-1 VICTORY」Aブロック展望【週刊プロレス】

今年3月の武藤敬司vs清宮海斗

9月26日、NOAHのシングルリーグ戦「N-1 VICTORY 2021」がいよいよ各ブロック最終公式戦を迎える。

 今年はN-1史上過去最多となる16選手が4ブロックに分かれ、9・26後楽園ホール大会まで公式リーグ戦をおこない、10・3後楽園ホール大会で各ブロック1位による1DAYトーナメント(AvsB、CvsD)を実施。優勝者は10・10エディオンアリーナ大阪大会で丸藤正道の持つGHCヘビー級王座に挑戦する。9・20TVマッチを終えて、Aブロックの得点状況は以下。

清宮海斗<2勝=4点>
武藤敬司<1勝1分=3点>
――――脱落――――
杉浦貴<1敗1分=1点>
征矢学<2敗=0点>

 GHCナショナル&ZERO1の世界ヘビー級2冠王者の杉浦は最終公式戦を待たずに脱落。征矢も清宮戦、武藤戦と好勝負を展開しながらも2連敗で脱落。両者は9・26後楽園ホール大会の第2試合でおこなわれる最終公式戦で激突。昨年の5月3日、TVマッチ以来のシングルマッチ。前回は杉浦が勝利を収めているが、最後に意地を見せるのはどっちだ!?

 Aブロック1位は9・26後楽園ホール大会のメインイベントでおこなわれる清宮vs武藤で決まる。両者のシングルマッチは昨年8月10日の横浜文化体育館大会、今年3月14日の福岡国際センター大会(GHCヘビー級選手権)以来3度目。2戦ともに武藤が勝利。清宮としては悲願の武藤超えを果たして、決勝トーナメント進出を決めたいところだ。
 
 昨年8月の初シングル前に清宮は武藤戦を「プロレス界ナンバーワンになるための天命の闘い」と位置づけていた。結果は敗北。今年3月ではGHCヘビー級選手権を懸けて再戦したが、再び敗北。その一戦で脳震とうを起こし、試合後に救急搬送された苦い思い出もある。

 その後、清宮は低迷。5月22日のNOSAWA論外戦で大流血の末に敗れ、本格的なスランプに突入した。プロレスという迷路に迷い込み、苦しんだが、N-1開幕9日前の9・3横浜で“トリガー”になった論外にシングルで勝利。その一戦後「N-1、倒さなきゃいけない相手がいる。クヨクヨなんかしていられない。自分で光をつかんでいくよ」と語った。清宮が語る「倒さなきゃいけない相手」とはもちろん武藤だ。
 
 N-1には髪を金髪からアッシュ系の黒髪、コスチュームを緑基調のスパッツから黒基調のロングタイツへと一新。“新”清宮海斗として臨み、征矢、杉浦に連勝して武藤戦を迎える。

 一方の武藤にとっても清宮戦は印象深い一戦。昨年8月は自身にとって4年ぶりのシングル。当時57歳でどこまでできるかという己に対する試練でもあったが、そこを突破したことによってGHCヘビー級選手権奪取へ舵を切り、今年2月にベルトを巻いた。

 今年3月の清宮戦では濃密なグラウンドの攻防を展開。「いいレスリングというか、昔のアメリカのクラシックなスタイル、清宮なんてホントは生まれてないはずなのにね。やっててまあまあ楽しかったっすわ」と基礎力の高さを絶賛していた。

 清宮が三度目の正直で武藤超えを果たし、スランプ脱出で一気に頂点を目指すのか。12年ぶりシングルリーグ戦エントリーの武藤が新日本プロレス「G1 CLIMAX」と全日本プロレス「チャンピオン・カーニバル」に続いて、NOAH「N-1 VICTORY」を制して、史上2人目となる三大シングルリーグ戦制覇という偉業を成し遂げるのか。業界大注目の一戦だ。

 同大会はインターネットTV「ABEMA」で当日午後5時30分より生中継。特別ゲストは松井珠理奈さん。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事