close

2021-09-13

NOAHシングルリーグ戦N-1波乱の開幕! 注目の武藤敬司vs杉浦貴が引き分け、田中将斗が中嶋勝彦に激勝! ケンドー・カシンが拳王を奇策で沈め、藤田和之がマサ北宮を粉砕!!【週刊プロレス】

杉浦貴vs武藤敬司

全ての画像を見る
 NOAH9・12後楽園大会でシングルリーグ戦「N-1 VICTORY 2021」が開幕した。

 今年の「N-1 VICTORY 2021」はN-1史上過去最多となる16選手が4ブロックに分かれ、9・26後楽園までリーグ戦をおこない、10・3後楽園で各ブロック1位による1DAYトーナメントを実施。優勝者は10・10大阪で丸藤正道の持つGHCヘビー級王座に挑戦する。

出場選手は以下の通り(2010~2018年の「グローバル・リーグ戦」も含む)。

◆Aブロック
武藤敬司(初出場)
杉浦貴(2014年優勝/4年連続11度目)
清宮海斗(2018年優勝/2年連続4度目)
征矢学(2年連続2度目)

◆Bブロック
拳王(2017、2019年優勝/5年連続5度目)
望月成晃(3年連続3度目)
稲葉大樹(初出場)
ケンドー・カシン(初出場)

◆Cブロック
中嶋勝彦(2020年優勝/10年連続10度目)
桜庭和志(2年連続2度目)
田中将斗(4年ぶり4度目)
鈴木鼓太郎(10年ぶり2度目)

◆Dブロック
マサ北宮(7年連続7度目)
船木誠勝(初出場)
藤田和之(初出場)
齋藤彰俊(3年ぶり9度目)

 開幕戦ではAブロックの武藤vs杉浦、Bブロックの拳王vsカシン、Cブロックの中嶋vs田中、Dブロックの北宮vs藤田という好カードが組まれていた。各ブロックの今後を占う上で重要な一戦ばかりである。

 Dブロックの北宮vs藤田は、北宮が藤田の足を攻め込んで監獄固めでギリギリまで追い込んだ。しかし、これを耐えしのいだ藤田がラリアット、強烈なパワーボムと決めて、顔面を蹴り上げて3カウントを奪った。
 
 試合後の藤田は「全部取るよ。全部取って優勝すりゃいいんだろ。なんか賞金あるらしいから。すごい賞品があるらしいよ。オレが言ったおかげだよ。相当な額も出るらしいよ。だから、外敵の諸君は楽しみにしててくれたらいいんじゃない。まぁオレが全部取るけどな」と語っていた。
 
 続くCブロックのカシンvs拳王は、カシンが拳王を常におちょくる展開。最後は拳王のスリーパーホールドを仕掛けられたカシンがオーバーマスクを脱ぎ捨てて切り抜けると首固めで電光石火の勝利を収めた。

 試合後のカシンは戦前“老人”扱いしてきた拳王に「資格取れよ! 初任者介護研修。介護の最初の資格だよ!」と要求。これに拳王に「うるせぇな、オマエ! 中高の教員免許持ってるからな、そんな資格すぐ取れんだ。バカヤロー!」と言い返されたが、すぐ「オレも持ってるぞ、バカヤロー! NOAHケアハウスの設立のためにがんばります」と言い放った。

 セミの中嶋vs田中は火花散る真っ向勝負。中嶋のヴァーティカルスパイクをカウント2でクリアした田中がすぐさま後頭部→正調のスライディングDにつないで白星発信。試合後には「(戦前)強気なことはあまり言ってへんかったけど、今日、去年のチャンピオンに勝った。今の時点でチャンピオンの丸藤、こないだ(=8・15川崎)ちょっと負けてしまったから杉浦、その次に強いのはオレや! 前年度のチャンピオン倒したから、一番今N-1で強いのはオレや!」と語った。

 注目のメインイベントは杉浦が先制攻撃に成功したが、その後は武藤の重厚なるグラウンドに引きずり込まれて苦戦。最終的に決め手を欠いて30分時間切れ引き分けとなった。

 試合後の武藤は無言。杉浦は悔しそうな表情で以下のように語っていた。

「あっちのペースに持っていかれちゃいけないって言ってたけど、そのままやっぱり前半、中盤、腕攻めと足攻めでちょっと時間かせがれたよね。あれでオレが、20分過ぎかな? 20分から攻撃したけどもうちょっと、時間が足りないな。やっぱ最初あの人のペースでやっちゃうとちょっとズルズル持っていかれちゃうな。(引き分け発進という形になったが?)いやもう、試合数が少ないんでね、3試合だろ。ちょっと、負けに等しいよね、これは。やっぱり全部勝っていかないとたぶん生き残れないリーグ戦だと思うから。ちょっと、痛いな。いいように前半やられちゃったな。まあ、あと2試合落とさないでいくしかない」

 NOAH「N-1 VICTORY 2021」は9・18、9・19、9・20TVマッチ(午後8時からサイバーファイトグループの会員制動画配信サービス「レッスルユニバース」で配信)を経て、インターネットTV「ABEMA」で無料生中継の9・26後楽園大会(試合開始午後6時)で最終公式リーグ戦がおこなわれ、各ブロック1位が決まる。

 準決勝&優勝決定戦は同じくABEMAで無料生中継の10・3後楽園(試合開始午前11時30分)。Aブロック1位vsBブロック1位、Cブロック1位vsDブロック1位、優勝決定戦がおこなわれる。大波乱の開幕戦を経て、今年のN-1を制覇するのは誰だ!?
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事