close

2021-09-18

“NOAHの未来”清宮海斗が黒髪&ロングタイツに生まれ変わってN-1白星発進! 「オレはもう止まってられない!」望月、桜庭、船木も初戦勝利【週刊プロレス】

タイガー・スープレックス・ホールドで征矢学から3カウントを奪った清宮海斗

全ての画像を見る
 9月18日、NOAH9・12後楽園大会で開幕したシングルリーグ戦「N-1 VICTORY 2021」2日目がNOAH特設アリーナにおけるTVマッチにておこなわれた。

 今年の「N-1 VICTORY 2021」はN-1史上過去最多となる16選手が4ブロックに分かれ、9・26後楽園までリーグ戦をおこない、10・3後楽園で各ブロック1位による1DAYトーナメントを実施。優勝者は10・10大阪で丸藤正道の持つGHCヘビー級王座に挑戦する。

 N-1 2日目ではAブロックの清宮海斗vs征矢学、Bブロックの望月成晃vs稲葉大樹、Cブロックの桜庭和志vs鈴木鼓太郎、Dブロックの齋藤彰俊vs船木誠勝という好カードが組まれていた。

 初対戦の船木vs彰俊は、キックスタイルでしばらく互いにけん制。船木はチョークスラム2発、アイアンクロースラムをしのぐと、浴びせ蹴り、打撃戦からラリアット狙いをキャッチした船木が三角絞め。腕十字へ移行し、タップを奪った。
 
 試合後の船木は「とにかくケガなしでいきたいですね」と語り、次戦となる9・20TVマッチのマサ北宮戦に向け「彼の不得意な場所で勝ちたいなと思ってます」と意気込んだ。
 
 続くCブロックの桜庭vs鼓太郎は、緻密なテクニックのぶつけ合い。桜庭はジャンボ鶴田ばりのジャンピング・ニーを見せるなど意表を突いた攻撃も見せ、エルボーに対してモンゴリアンチョップで応戦。最後はエンドレスワルツ(連続ラ・マヒストラル)を切り返すと、オモプラッタから腕に絡みついてギブアップを奪った。

 セミファイナルはBブロックの望月vs稲葉。熱く激しいしばき合いとなり、望月がドラゴン・スープレックス・ホールド、三角蹴りとたたみ掛けて競り勝った。

 試合後の望月は「この勝利はでかいよ。危なかった。この2点はでかい」と初戦勝利を喜んだ。さらに「次はケンドー・カシンか。お互い30年近くやってて、タッグではちょこちょこ当たってたけど、ガッチリやった記憶がまるでない。体力やプロレス勝負というよりトンチ勝負だと思ってる。よく考えて、対策を練ります」と9・20TVマッチの悪魔仮面戦に向けて気持ちを切り替えた。

 注目のメインは長く続いたスランプを抜け出した清宮が登場。金髪を黒髪、緑&白基調のスパッツを黒のロングタイツへと一新させていた。

 征矢との公式戦は苦しい展開の連続。デスバレーボムで追い込まれたが、弾道(ラリアット)だけは回避。最後はタイガー・スープレックス・ホールドで25分7秒の激闘を制した。

 試合後、マイクを持った清宮は「よーし、やっと進んだ! やっと進んだ!! でも、まだまだN-1初戦だよ。オレはもう止まってられない! N-1勝ち上がってもう一度(天を指差し)ここまで、オレは進みたいと思う! ありがとうございました!!」と叫んだ。2日目を終えた時点での「N-1 VICTORY 2021」得点状況は以下の通り。

◆Aブロック
清宮海斗<1勝=2点>
杉浦貴<1分=1点>
武藤敬司<1分=1点>
征矢学<1敗=0点>

◆Bブロック
ケンドー・カシン<1勝=2点>
望月成晃<1勝=2点>
拳王<1敗=0点>
稲葉大樹<1敗=0点>

◆Cブロック
田中将斗<1勝=2点>
桜庭和志<1勝=2点>
中嶋勝彦<1敗=0点>
鈴木鼓太郎<1敗=0点>

◆Dブロック
藤田和之<1勝=2点>
船木誠勝<1勝=2点>
マサ北宮<1敗=0点>
齋藤彰俊<1敗=0点>

 N-1 3日目となる明日9・19TVマッチでは、Aブロック◎武藤vs征矢、Bブロック◎拳王vs稲葉、Cブロック◎中嶋vs鼓太郎、Dブロック◎藤田vs彰俊の4試合がおこなわれる。全16選手が公式戦1試合を終えて、いよいよ生き残りを懸けた中盤戦へと突入していく。
タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事