close

2021-09-26

【アメフト】電通オフェンスが好調でブルザイズ破り2勝目 QB柴崎はパス4TD

【電通 vs ブルザイズ】第1Q、電通QB柴崎がWR小貫に先制のTDパスを決める=撮影:小座野容斉

全ての画像を見る
アメリカンフットボールのXリーグ「X1エリア」は、9月25日、第3節の2試合を行い、電通キャタピラーズ対ブルザイズ東京の一戦は、序盤から電通がTDを重ねてブルザイズに快勝した。電通は2勝1敗、ブルザイズは1勝2敗となった。

電通キャタピラーズ○49-18●ブルザイズ東京
(2021年9月25日、富士通スタジアム川崎)

電通 第1Q2:39 QB柴崎哲平→WR小貫哲,31ヤードパスTD(安藤亘祐キック成功)
[7-0]
[ブルザイズ 第1Q6:07 K住谷優太,29ヤードFG
[7-3]
ブルザイズ 第2Q0:06 QB南竹司→佐藤悠,13ヤードパスTD(住谷キック成功)
[7-10]
電通 第2Q1:39 QB柴崎→WR佐藤凱輝,27ヤードパスTD(安藤キック成功)
[14-10]
電通 第2Q4:58 QB柴崎→WR北村翔,15ヤードパスTD(安藤キック成功)
[21-10]
電通 第2Q7:40 QB柴崎→WR河波正樹,40ヤードパスTD(安藤キック成功)
[28-10]
電通 第3Q10:03 RB片岡遼也,25ヤードランTD(廣田祐キック成功)
[35-10]
電通 第4Q2:09 QB多川哲史→#82佐藤,24ヤードパスTD(安藤キック成功)
[42-10]
電通 第4Q9:04 QB坂梨陽木,14yd,RUN(安藤キック成功)
[49-10]
ブルザイズ 第4Q11:49 QB南竹→WR草深大貴,14ヤードパスTD
(2点コンバージョン成功、QB南竹→WR天田裕貴,パス)
[49-18]
【電通 vs ブルザイズ】84ヤード1TDとチームトップのラン成績を残した電通RB片岡=撮影:小座野容斉

 電通が、QB柴崎哲平のパスで序盤から主導権を奪って、TDを重ね、大勝した。柴崎はパス9/13で140ヤード4TD。2番手のベテラン多川も、同じくパス9/13で119ヤード1TD。
 電通はランでも、パワーバック片岡遼也が84ヤード1TD、草野佑介が53ヤードと、RB勢が気を吐いた。オフェンスはパス288ヤード、ラン204ヤードのトータル492ヤードで、サードダウンコンバージョンでも9/14と安定した力を見せた。
 開幕のディアーズ戦では、痛い逆転負けを喫したが、残り試合を全勝すれば、X1スーパー昇格の可能性が大きい。昇格を争うライバル、イコールワン福岡SUNSとの最終戦に向け、1戦1戦調子が上がっている。
 深川匠ヘッドコーチ(HC)は、「九州大学HC時代に、(西南学院大監督・HCも兼任する)サンズの吉野至HCにはだいぶ借りがあるので、返します。それまでもっともっとチームを強化していく」と、気を引き締めていた。


【電通 vs ブルザイズ】第1Q、電通QB柴崎からパスをキャッチしたWR小貫が先制のTD=撮影:小座野容斉

【電通 vs ブルザイズ】第2Q4分、電通QB柴崎からWR北村にパスが通ってTD=撮影:小座野容斉

【電通 vs ブルザイズ】第2Q、ブルザイズQB南竹がWR佐藤に13ヤードTDパスを決める=撮影:小座野容斉

【小座野容斉】

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事