close

2021-09-27

【陸上】大迫傑が新法人・株式会社I(アイ)を設立。「愛とファーストの精神を持って取り組む」

新たなステージで第2の挑戦に挑む大迫 写真/毛受亮介

東京五輪男子マラソン6位入賞を最後に競技生活の第一線から退いた大迫傑が、自らが代表取締役を務める新法人・株式会社I(アイ)を9月15日に設立。これまで取り組んできた選手育成をはじめ、幅広い分野で事業展開していくことを発表した。

 大迫は新法人設立に関するリリースで、その経緯を説明。これまでアスリートとして多くの経験を積み重ねるなか、自らが得た知見を社会のたくさんの人たちに届けたいという思いを現役時代から抱き続けてきたといい、トップランナーとしての活動に区切りをつけた今、その思いを実行に移し、持続可能なものにするために新法人設立に至ったという。

 社名に付けられた「I(アイ)」は「私」であり、「いまを生きる『あなた自身』」を意味している(次ページに全文掲載)。事業理念として、最短距離での目標実現を目指す「本質ファースト」、それぞれの挑戦におけるオンリーワンの価値を見つけるための「自分ファースト」、大都市圏でなくても夢の実現を可能にする「地元ファースト」、そして何かに挑戦する第一歩を後押しする「ファーストステップ」の4本を掲げ、すべての事業に置いて「愛」と「ファーストの精神」を持って取り組んでいく。

 具体的な事業内容は、大迫が現役時代から取り組んできた大学生対象の育成プログラム「Sugar Elite」、大迫の知見を子供たちに伝える「Sugar Elite KIDs」の開催をはじめ、アスリートのマネジメント事業、またランニング文化の醸成を通して地域活性化のコンサルティング、アドバイスなども行っていく予定。

 同社取締役には、青山学院大が箱根駅伝初優勝を果たしたときに主務としてチームを支えた高木聖也氏が就任。高木氏は卒業後、銀行勤務を経たのち、大学の1年後輩である神野大地(セルソース)のマネジメントに携わってきた経歴の持ち主で、大迫とともに事業に関わっていく。

 これまで、新たな道を切り開き、プロランナーとして成長を遂げてきた大迫の新たな挑戦に注目が集まる。

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事